2022年5月30日 『美しき川の流れ』 ー今、自分の生き方、考え方を見つめなおしてみませんかー 石川洋先生講演会 2008年8月31日 三宮勤労会館(神戸)


おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えの事と存じます。


先日来、少しずつ事務所の書類や、本の整理をしています。

思わず手が止まりました。


今は亡き石川 洋先生(托鉢者・社会教育者)の講演会のチラシが書類の中から出てきました。

思わず見入ってしまいました。

整理する中で一番落ち入りやすいゾーンに、どっぷりハマってしまいました。(笑)

みなさんはそんな事、ないですか?


嬉しさ、懐かしさと同時に、その時のスタッフたちの顔まで一瞬に、14年前にタイムスリップ!

チラシの私の「挨拶文」には、こんなことが書いてありました。


『今年3月、ある社長さんの紹介で思いがけず、石川洋先生にお会いしました。

社長さんから突然、私どものスタッフに「石川洋先生に講演をお願いしたら!」と、声をかけて頂きました。

石川洋先生の事は、人間学を学ぶ「致知」やテレビ、また昨年の滋賀県での「中江藤樹先生心のセミナー」でのご講演を聞かせて頂いていましたので、思わず「本当に良いのですか?」と聞き返してしまいました。

そしてすぐに「私たちだけでは勿体ないです。もっと多くの方々と一緒に石川洋先生のお話をお聴きしたいので、ぜひ講演会をさせて頂きたいです!」と、即、日程が決まり今回の運びとなりました。

物が溢れ、一見豊かに見える今の社会ですが、人の心は荒れ、相手を思う気持ち、心の豊かさを忘れているのでは・・と思います。

人としての大切な物を見失いがちな今だからこそ、石川洋先生のお話が、私たちの心の琴線に響き、慈雨となって沁み入るものと思います。

今日より明日、もっと心優しい自分になるために、ご一緒に学んでみませんか・・』


創業時より、「何か地域の方々のお役に立つ事をさせて頂きたい!」と思っていましたので、「石川洋先生の講演会」は、願ってもいないありがたい事でした。

みんなで喜んで取り組んだ事を思い出しました。


2008年夏は、暑い日が続き、熱中症が言われていました。

万一に備えての、医療関係の方にも講演会に来て頂き、また家庭の事情でやめたパートの元スタッフも手伝いに駆けつけてくれ、120席、満席で無事に開催させて頂きました。


石川洋先生も、参加者の皆様もスタッフ達も皆、大喜び!

“みんなで力を合わせて、できた!”と、嬉しい成功体験を共有した講演会でした。


あれから14年の歳月を重ねました。

果たして私は今、「美しき川の流れ」のような、生き方ができているだろうか?

澱んでいないだろうか?

自分に問いかけ、心を新たにする良い時間でした。

時には、振り返ってみるのも良いですね。


みなさん、今日も心弾む素敵な一日でありますように!



村山順子

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示