2022年5月9日 逢いたいなぁ~母に!


おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えのことと存じます。

昨日は「母の日」でしたね。

「母の日」に、プレゼントさせて貰える幸せ!

また子どもたちから、頂ける幸せ・・・嬉しいですね!


コロナ以前は、宮崎のケアハウスに入所中の母に、逢いたい時に逢いに行けました。

母に逢えなくなり、3回目の「母の日」を迎えました。

寝たきりの母。

目が見えなくなり、テレビも見られなくなりました。

母の楽しみは、私達子どもや孫に会い、話をしたり、聴いたりする事だと思います。

“会いに行けなくてごめんね!お母さん!”


「コロナ」は、大切な人との間に、大きく立ち塞がっています。

今、母は、誰にも逢えず、話をする人もなく、子どもや孫の声も聞くことができずにいます。

言葉も忘れているのでは・・と。

記憶や感情が、今まで通りの母でいてくれているのか、とても気になります。

会える日まで、母が私たちを覚えていてくれますように!と、祈るばかりです。


母は寝る間も惜しんで働き、子どもたち5人の教育がやっと終わり、これから楽しみながら生活!・・・と思っていた矢先の脳梗塞。

4年余り前、住み慣れた故郷、沖永良部島を離れ、宮崎のケアハウスに入所。

母の世話を細やかにしてくれていた真ん中の妹が、癌で、母より先に逝ってしまいました。

妹は“一日で良いから、母より長く生きさせて欲しい!”と願い続けていたのですが・・・。


施設や病院によっては、コロナ禍でも、ガラス越し、またズームでの対面等々、工夫している所も多いと聞きます。

何とか、逢える方法を考えて頂きたい!と切に思います。

予防接種も3回終え、PCR検査も受けて行きます!

個々の対応は難しい事は分かっています。

ですが、声を聞かせるだけ、聞くだけでも!・・・と。

許可が貰えなくても、せめて母の入院している宮崎の病院の前まででも、行きたい!

“いつまで待てば良いのですか?いつになれば、母に逢えるのですか!“・・・

“お母さん、逢いに行くまで元気で居てね!待っててネ!”と、大声で叫びたい気持ちです。


こうして書きながら、ウクライナの人たちの事を思う時、私の想いなど贅沢なのかも・・・

世の中には不条理な事がたくさんある・・・と、自分の気持ちを、なだめています。


あっ!週明けでした!

もっとスカッとした、明るい爽やかなメルマガを書けたら良かったです!

(申し訳ありません)


今朝も素敵な朝です。

多くのものを与えて頂いている事に感謝し、喜んで進んで、明るい気持ちで暮らします!


みなさん、笑顔溢れる一日でありますように!



村山順子

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示