top of page

2022年6月17日 紫陽花の頃に思うこと!


おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えの事と存じます。

今、色とりどりの紫陽花が咲いています。

昨日、紫陽花を見ていて、不意に思い出す懐かしい光景がありました。

日本全国47都道府県での開催を目指す「心を届ける手紙のセミナー」もあと2県だけ!の時。46番目が岩手県でした。

その時の光景です!


東京の手紙のセミナーに来てくれた信子さん!

自己紹介でとても記憶に残っていた彼女。

地域活動をしている彼女に、岩手県での開催を頼んでみよう!と電話しました。

いとも簡単に「嬉しい!はい!来てください!」と。あっと言う間に場所が決まり、6月、花巻空港に。

途中、宮沢賢治記念館に案内してくれました(そこで思いがけずNHK岩手の方にインタビューされました。「夜のニュースで出ます!」と)。


会場は、盛岡市三ツ割にある熊谷文具店のはなれの、お座敷のセミナー室でした。

入口の大きな紫陽花が、迎えてくれました。

今まで色々な会場で手紙のセミナーをさせて頂きましたが、何故か一番に思い出す、優しい「気」に満ちた、気持ち良い会場でした。

心優しい地域の方々に使っていただいているとの事。

今も目を閉じると、その時の様子が浮かびます。

熊谷文具店の素敵なオーナーは「お手紙が好き」な方。

たくさんのインク、万年筆をご用意下さり、格別な時間でした。

優しい方々が集まってくださいました(ぱるす出版社の前社長の春日さんが誘ってくださった、素敵な順子さんも来てくださっていました)。

風が吹き抜ける心地よい部屋、全てが上質なものたち。

何より心優しい方々と一緒に手紙を書いて読んでいただいたその光景!

書きながら、胸がいっぱいになります。


「できないのではない!どうしたらできるかを考え、やって、やって、できるまでやり続ける!」との思いで走り続けてきた私。

ご迷惑を掛けたことも多々あったと思いますが、関わって下さった皆様が、すっぽり受け入れ包み込んでくださいました。

お陰様でその年の7月、47番目の長野県での開催をもって、全国達成させて頂きました。

こうしてセミナーを用意してくださる方、参加してくださる方々の優しさに包まれ、応援して頂いて、実現させて頂けた事。

感謝しかありません。

紫陽花を見ながら、そんな事を思う昨日でした。


みなさん、今週もお読み頂きありがとうございました!

心弾む楽しい週末を、お過ごしくださいますよう!



村山順子

閲覧数:6回0件のコメント

Comments


bottom of page