2022年6月27日 良子!良子!はなしゃぬアグ!良子よ!


おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えのこと、本当に良かったですね!


週初めの朝から、悲しいメルマガで申し訳ありません!

「いつ終わるかもしれない限りある命」は、分かっているつもりでした。

突然の、はなしゃぬアグ(愛しい友)の訃報に信じられぬ思いで書いています。

土曜日、武庫川女子大学の集まりが終わりバスに乗ろうとした時に、見覚えのない電話番号が。

出ると「順子さんですか。良子が亡くなりました。」とのご主人様からの電話でした。

寝ている間の突然死との事。

まさか!つい一週間前に会ったばかりなのに・・

常に人を優先する生き方をしてきた良子でした。

子どもを授からず、みやこちゃん(ダウン症の70歳の妹)を最優先していました。

亡きご両親、お兄さん方、また猫やワンちゃんたちに毎日お供えをして、

そのお下がりが自分の食事!と。

常に明るい前向きな生き方・・(自分を励ましていたのだと思いますが)。


「貧乏な家に生まれ中学卒業で、学歴もない私が、銀行さんはじめ、色々な手続きも体当たりで何とかやってきた!

そんな自分を褒めてやりたい!ここまでできたのは感謝しかない!1分1秒でも長くお店を続けていたい!

スタッフを守りたい!お客さんの役に立ちたい!」と話していました。


40年近く、靴下や下着類のお店をしてきた良子!

3店舗を経営。大阪の商店街に購入した3階建の間口の広いお店は、

手押し車でも歩きやすいようにと通路が広く、お年寄りでいっぱいでした。

コロナで、みんな出歩かなくなり、売り上げは激減。

神戸湊川商店街のお店を売却。閉店セールが終わったところでした。

一週間前、湊川のお店に行くと、いつもは大阪のお店にいる良子に、思いがけず会うことが出来ました。

良子は「もう大変!大阪の店でも色々あって!もうヘトヘト!」と、いつも以上に疲れていました。

「良子、まずは寝て!食べて!良子の身体が大事だからね!」と、話すと

「順子ありがとう!大丈夫だから!」と。

それが良子との最後の会話になるとは・・

人生って!こんなにもあっけないものだったの?


優しく涙脆い良子、だけど向こう気が強く、

怯まず全力で向かっていく良子でもありました。

甘える事を良しとせず、いつも気を張っていたね。

口癖は、いつも「有難い!感謝!感謝!」だったね。

いつも全力で走り続けてきたね!


良子の手は、段ボールを開けての荷出し、値札付け、商品を車で搬送!など、

仕事のし過ぎで硬くなっていて、握手するのを恥ずかしがっていたね。

良子が居ない事を受け入れることはできそうにないけれど、資金繰りの心配もしないで、もうゆっくり休んで良いよ!

良子のお母さんも「よく頑張ったね!ありがとう!」って言ってるよ。

良子の為に、私ができることがもっとあったのでは・・と。

良子ありがとう!そして足りない私で、ごめんね!


人の世の悲しみに関係なく、時間は過ぎていきます。

だから良いのですね。

朝から、自分の気持ちをそのまま書いてしまいました。

申し訳ありません。


周りの大切な方々と、心を通い合わせる

笑顔の一日をお過ごしくださいますよう!


みなさん、暑い毎日。

水分塩分、休憩など体調に気をつけお過ごしくださいますよう!



村山順子

閲覧数:1回0件のコメント