2022年9月12日 「いいイメージを持ち、信念にまで高める」



おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。


昨日、久しぶりに渡部昇一先生の書かれた

「中村天風に学ぶ成功哲学」を再読しました。


表紙の帯には、日本電産社長の

永守重信氏の言葉が書いてありました。

『「運命は自分の言葉と行動で決まる」

 これが天風哲学に学んだ私の人生訓です。』と。


そしてカバーの裏には

「つねに積極的な言葉を使う習慣を作りなさい。

習い性となれば、もう大した努力をする必要はない。」と

書かれていました。


ページをめくるとあちこちにマーカーが引いてありました。

2011年の初版本。渡部昇一先生のサイン入りの本です。

私自身の書き込みもあり、熱心に読んだようですが、

いつ読んだのか、はっきりした記憶はないのです。

ただマーカーの部分は、今も同じ所が響きます。


豊かな人生は潜在意識の中にある。

願望を実現する方法として・・いいことを考えて眠りにつく。

天風先生はこう書かれています。

「寝つくまでのあいだ、たとえ昼間どんな場合があろうとも、

それは寝床にもちこまないこと・・・理想からいったらば、

寝がけは何も考えない方がいいんです」

潜在意識は、いい夢、いい希望、望ましいことを実現させる「力」を

持っている・・と。


また、

・「活力ある人と交際しろ」

・「運の良い人と付き合えば、自分の運も開かれる」と。


渡部先生もこう書かれています。

・本当かどうかわかりませんが、

 豊臣秀吉は浪人が「召し抱えてもらいたい」とやってくると、

 「お前は運が良い男だったか、悪かったか」と聞いて、

 運の良い者だけ召し抱えたといいます。

 「自分は運が良いから今の地位にある。だから自分の脇につく者たちも

 みんな運の良いやつでなくてはならない」と。


 よほど心身のパワーが強力な人でない限り、運が悪い人、

 景気の悪い人と付き合うと、精気を抜かれてしまいます。

 残酷なようですが、成功した人は皆、

 結果的には、運の悪い人を遠ざけていると思われます。


・「ある知り合いの医者の同級生で、精神科に行った人が9人いたそうですが、

 7人は今、精神病院に入っていると聞きました。

 ミイラとりがミイラになってしまったのです。

 カウンセリングというのは、よほど強い人でなくては務まりません。

 そうでないと自分が引き込まれてしまいます。」



天風先生の言葉で、私の好きな言葉を一つ挙げるとしたら

「人生は心一つの置きどころ」です。


いろいろな時、この言葉で自分を立て直し、

明るく踏み出せた事が、どれほどあった事でしょう!

積極的人生を歩む教科書のような天風哲学。

それが分かりやすく書かれている、

渡部昇一先生のご著書

「中村天風に学ぶ成功哲学」でした。


みなさんが大切にしている言葉、

勇気をもらう言葉は、どんな言葉でしょうか?

お時間のある方は、教えていただけたら嬉しいです!


今日も笑顔溢れる

素敵な一日でありますように!



村山順子

閲覧数:3回0件のコメント