2022年9月20日 一筆申し上げます!(26年目のラブレター!)



おはようございます!

台風は大丈夫だったでしょうか。


私事になりますが、

昨日9月19日は75歳の誕生日でした。

後期(光輝)高齢者の仲間入りです。

今朝は、昨日書いた亡き夫への手紙を、そのままメルマガに。(朝からお許しくださいね)


勝保さんへ

52歳で逝った写真のあなたは、若いままですね。

私の誕生日、夜のお店に出かけたあの日から26年が経ちましたね。

その夜、書いてくれた10行ほどの短い手紙!

その手紙は、今も私に勇気や元気、希望を与えてくれています。

勝保さん、その夜、初めて夜のお店を三軒もはしごしましたね。

そして、ママさんやマスターに私を紹介してくれましたね。

その理由が手紙には書いてありましたね。

「いつも、いきいきしている順子を見せびらかして歩きたかったから」と。

その言葉は私にとって、どんな時でも元気をくれる魔法の言葉になっています。

今の私をみて「いきいきしてるって言ってくれるかなぁ~

見せびらかして歩きたい!って言ってくれるかなぁ~」と思うと、身も心もシャンとします。

この言葉に守られて、私、生涯、元気溌剌と生きていけます!

手紙の大切さを伝えながらね。見ててね!勝保さん!

いつか、そばに行く時に、たくさんの嬉しい話を聞かせるからね。

まだまだ、したい事があるからゆっくり待っててね。

ありがとう勝保さん


夫の仏前に手紙を供えました。

みなさん!

今、そばにいてくださる大切な方を、大切にね!

相手に求めるのではなく、相手の喜ぶ事を、まず自分から!

きっと笑顔の花が咲く事でしょう!


皆様の地域に、台風の被害がありませんように!

そして、素敵な一日をお過ごしくださいますよう!



村山順子

閲覧数:4回0件のコメント