top of page

2023年1月10日 3年ぶりの「故郷の集まり」に参加!



おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。


昨日は、神戸市中央区にある神戸沖洲会館(故郷、鹿児島県沖永良部島出身者の会館)で

校区会と年祝い(卯年)の会がありました。

コロナで自粛が長く、会を開くのは3年ぶり。

その間、何人もの方が亡くなっています。


神戸のHAT神戸に一人で住んでいる、88歳の叔母(母の妹)。

足が悪く、普段は手押し車で近所を散歩するくらいです。

今のままでは田舎の人たちに会う機会もない事を思う時、

叔母をその会に、誘いました。

「車で迎えに行き、終わったら家まで送るから」 と、叔母を会館へ!

会も終盤近くになり、カラオケタイムが始まりました。

「誰でも、どうぞ」との司会者のアナウンス。

叔母に「おばちゃん、歌って!ね」と言って、申し込みました。

叔母には、十八番の曲があります。

年配の方はご存知かもしれませんが、「月がとっても青いから」。

菅原都々子さんが歌う、ビブラートを効かせた曲。

叔母がとても上手だった事を思い出しました。


叔母は手押し車で、舞台のマイクの前に。

音楽が鳴ると、マイクを持って堂々と上手に歌っていました。

私は隣で付き添い(笑)。

大きな拍手を頂き、叔母は嬉しそうでした。

知り合いに撮ってもらった写真を、私たち姉妹や、叔母の妹たちのLINEにも送りました。

5年前に叔父を見送り、一人暮らしの叔母。

写真には、イキイキした叔母の表情が、ハッキリ!

叔母を誘ってよかった~と思う昨日でした。


みなさん、今日は「十日戎」ですね。

今年も神戸の柳原の戎さんに、笹を頂きに伺います。


今日も、素敵な一日でありますように!



村山順子

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page