top of page

2023年1月11日 “植物学の父”牧野富太郎博士!



おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか?


4月からのNHK朝ドラは、“植物学の父”と言われる、高知県出身の

牧野富太郎博士を描いたものだそうです。

以前、牧野博士の名言に、心揺さぶられたことがあります。


「雑草という草はない」

「草を褥(しとね)に木の根を枕、花と恋して九十年」


牧野博士の生涯、夢や喜びが瞬時に心に響き、感動しました。

この言葉に初めて出会った時、思わず涙した事を思い出します。


牧野博士は、

「学位や地位などには私は、何の執着をも感じておらぬ。

ただ孜々(しし)として天性好きな植物の研究をするのが、

唯一の楽しみであり、またそれが生涯の目的でもある。」

と書いていらっしゃいます。

ご苦労も多かったでしょうが、ご自身の好きなことに生涯打ち込み、