top of page

2023年2月24日 「80歳の壁を超えたら、人生で一番幸せな20年が待っています!」



おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。

昨日は天皇誕生日。

令和になって初めての一般参賀がありました。


先日、尊敬申し上げる人生の大先輩が、和田秀樹先生のご著書『80歳の壁』を送って下さいました。

章立てを見ているだけで、楽しいのです。

「そうなの!」「なるほど、そうよね!」という発見のある、ワクワクする、ポジティブな本!

楽しくて、早く、早く読み終えたい!です。


章立ての一部を書かせて頂きます。

〇老いを受け入れ、できることを大事にする。

〇認知症は必ずやってくる。ならば今のうちにしたいことをする。

〇幸齢者(高齢者)になったら健康診断はしなくていい。

〇病院に行かなくなったら死者数が少なくなったという事実。

〇病院ではなく、自宅やホームで「老衰」で死ぬということ。

〇どんな医師を選ぶか。それが晩年の幸・不幸を左右する。

〇明日死んでも後悔しない人生の時間の過ごし方・・三つのムリをやめる。

 ・薬の我慢

 ・食事は我慢しない

 ・興味あることは我慢しない、どんどんおやりなさい

〇したいことをすると脳は喜び若返る。

〇エロティックを否定しない。幾つになっても刺激を求めていい。

〇子どもにお金を残さない。お金があるなら使ってしまう。

〇高齢ドライバーはむしろ安全。できることを放棄しなくていい。

〇長生きが大事なのか。残りの人生が大事なのか。

〇イライラしたら深呼吸。水や美味しいものも効果的。

〇肉を食べよう。しかも安い赤身がいい。

〇血圧、血糖値は下げなくていい。

〇テレビを捨てよ、町に出よう。

〇学びをやめたら年老いる。行動は学びの先生だ。

〇笑う門には福来る。 ・・等々。


一つ一つの内容が、スーッと心に落ちていきます。

明るくポジティブになります。

常識だと思い込んでいたことが、気持ち良いくらい崩れ去りました。

もっとおおらかに、興味のあることにチャレンジしながら、楽しみながら年齢を重ねていきなさい!と、背中をドーンと押された気がします。

まだきちんと読み終えてはいませんが、「老いを楽しみたい」・・そんな気持ちになります。

和田先生、心も身体も元気になる本を書いて下さり、ありがとうございます!


みなさん、今週もお読み頂きありがとうございました。

素敵な週末をお過ごし下さいますよう。



村山順子

閲覧数:5回0件のコメント

Comments


bottom of page