top of page

2023年2月8日 書かれた「言葉」に、その方の生き方が・・



おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えの事と存じます。


4日(日)、彦根城からの帰りに、兵庫県立美術館に寄りました。

その日の4時まで開催されている書道展に、知人の作品を観に行くためです。

JR灘駅に着くと3時過ぎ。

急ぎ駅からタクシーで美術館へ。

ピアノコンサートや趣味の作品展などを観に、よく伺う所です。


「書展」・・見事な作品が展示されていました。

ご自身の好きな言葉を書かれたそうです。

心惹かれた書は『威風堂々』。

キャプションには「私の歩み」とありました。 

特に『威』の字が、ひときわ大きく力強く書かれていました。

女性の作品です。

存じ上げない方ですが、

「色々なご苦労がある中、直向きに、堂々と生きて来られたのだろうなぁ~」と、キャプションと合わせて見せて頂きながら思いました(勝手に)。

そんな観点から見させて頂くと、その方の生き方が伝わってくる気がします。


会場では、思いがけない方々とのお出会いもありました。

10年以上前から弊社をご利用頂いているお客様ご一家。

お孫さんも大きくなっておられ・・話が弾み、一緒に写真まで撮って頂きました。

また、以前全く別の会でご一緒させて頂いた方が、今回の主催者の先生で・・ご挨拶させて頂きました。


お出会いする方は皆様、素敵に年齢を重ねていらっしゃいます。

私も、そうでありたいなぁ~ 

そんな事を思うお出会いでした。


みなさん、今日も笑顔溢れる 嬉しい一日でありますように!



村山順子

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Komentar


bottom of page