top of page

2023年4月17日 ただ感謝しかありません!



おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。


昨日は、母校武庫川女子大学の同窓会で大変お世話になった事務長が退職されるとの事で、

神戸支部の役員一同で、感謝の食事会をさせて頂きました。

私は個人的にも、大変お世話になりました。

今、大学で年に1講座を担当させて頂いているのも(今年で10年目)、事務長のお陰様です。


私には夢がありました。

それは、兵庫県立大学の女子学生4名を、1年おきに3回、インターンシップで弊社にお預かりしたことがきっかけとなり芽生えた夢でした。

最初に来た時、学生たちは、表情も暗く(緊張もあったと思いますが)身のこなしもスロー。

笑顔や、若者らしい覇気を感じませんでした。

研修で、創業の想いや、生き方、仕事への向き合い方を伝え、現場にも入ってもらいました。

すると1週間後、笑顔が溢れ、声にもハリが出て、行動がテキパキ!

若者って素晴らしい!見事な変わり方に感動しました。

それがなんと、インターンシップの3回とも、同じような変わり方だったのです。

心から湧き上がる喜びでいっぱいになりました。

この経験から「もっと若い人たちに伝えたい!願わくば母校で後輩たちに!」と思うようになりました。

昔、小学校の教師をしていた時の喜びに火が付いたのです。

ですが、私には特別な資格があるわけでもないので、その夢は心の奥底に封印していました。


そんな中の2011年3月27日日曜日。

いつも参加している経営者の勉強会、倫理法人会モーニングセミナーで、担当のMさんから

「今日の講師のお帰り迄の時間が空いているから、村山さん何でも良いからお尋ねして」と言われました(今は正式に申込書が必要です)。

突然の事に驚き、封印していたその思いのことを、講師の先生に話してしまいました。

すると先生は「村山さんすぐに母校に行きなさい!今までにご自身が取り上げてもらった新聞、雑誌、書いた本など皆持って、明日すぐに!」と。


勉強会では「素直に」実践することを学んでいます。

翌日、勇気を振り絞り、大学の同窓会館へ。

ちょうど事務長がいらっしゃり、よく話を聞いて下さいました。

そして一週間もしないうちに教務課から連絡が。

「来年の2月に、1講座お願いします」と!

その単発の講座の後は、事務長が推薦して下さり、単位の取れる全学共通講座として、今も続けさせて頂いています。


もしあの時、Mさんが私にお声掛け下さっていなければ・・

素直に講師の先生にお尋ねしていなければ・・

すぐに行動していなければ・・

今はありません。

全てがちょうど繋がって繋がっての今です。

幸運としか言いようがありません。

私はただ素直に、一つ一つをさせて頂いただけです。

今も毎年、講義の日程が決まると、背中を押して下さったその講師の先生に葉書でご連絡、終わった後もご報告させて頂いています。

先生は「村山さん律儀にいつまでも、ありがとう!」と言われます。

また、Mさんとは今も一緒に学んでいます。

「Mさんは私の恩人のお一人です!」とお話しすると、「そんな・・」と笑って下さいます。


私の夢の一つが叶ったのは、出会いのお陰様。

勇気を出して素直に行動したお陰様。

そんな心を頂いたのは先祖、両親のお陰様!

感謝しかありません。


みなさん、笑顔あふれる素敵な月曜日をお過ごし下さいますよう!



村山順子

閲覧数:5回0件のコメント

Comments


bottom of page