top of page

2023年4月4日 “ゴッホ・アライブ”(兵庫県立美術館)へ!



おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。


昨日は、県庁、市、多くの企業で、対面での入社式が開かれていました。

初々しい、そして頼もしい決意発表。

喜びの日の決意を忘れないよう、チャレンジしてほしいと願います。

彼らの背中を押すように、満開の桜は駆け足で葉桜へと向かっています。


昨日も書かせて頂きましたが、日曜日の早朝5時、創業80年の「灘温泉」に一人で行きました。

とても気持ちの良い時間を過ごすことができました。

これから週末のルーティンにします。

行動に弾みがつき、その日の午後は、自宅から南へ5分ほど車で走った所にある兵庫県立美術館に行きました。

先日、蓑(みの)豊館長の講演をお聴きする機会があったのです。

(4月1日付けで蓑館長は名誉館長へ。今は林洋子館長です)

蓑名誉館長は、金沢21世紀美術館を立ち上げられた初代館長でもいらっしゃいます。

その講演で「ぶらりと美術館に行く・・そんな気楽さで来てほしい!今はゴッホ展を開催中です」と話されていた事を思い出したからです。


今まで観たことのない美術展でした。

「ゴッホ・アライブ」というタイトル。

“圧倒的な映像体験&装飾”

“新しいアート鑑賞の形”

“分かりやすくゴッホを学ぶ”

花が舞い、星が瞬き、汽車が走り、ゴッホの名画が語りかけてくるような・・!

クラシック音楽が流れる中、力強い巨大な絵の映像がダイナミックに壁や床に投影され、まさに五感で体験する“没入型展覧会”!

展示室はすべて撮影オッケー。

今までの絵画鑑賞とは異次元の世界でした。


今週土曜日は、人生を常にチャレンジして生きていらっしゃる、97歳になるかおるさんのお誕生日会に。

日曜日は、初めて彦根のハガキ祭りに出かけます。

休みの日の充実した過ごし方を身につけ、その時々を楽しみたいと思う今朝です。


みなさん、今日も心弾む 楽しい一日をお過ごしくださいますよう!



村山順子

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page