top of page

2023年6月7日 早朝は読書の時間!



おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。

紫陽花の美しい季節を迎えています。


みなさんは、その日予定していた事・・特に手紙や葉書を書きたい人に、すぐに書けていらっしゃいますか?

私は「即行」が大好きです。

すぐにお礼状を書かせて頂くと、感謝の気持ちをお届けできると、晴れやかな気持ちになります

今までは“頂いたその日のうちにお返事を書かせて頂いてから休む!”事を、旨としてきました。

ですが、今、一つ一つのことが遅くなっています。

当初は、そんな自分を責めていましたが、「これもよし!これが良い!」と思うようにしています。


話は変わりますが、人間学を学ぶ月刊誌「致知」7月号が届きました。

特集のテーマは『学を為す 故に書を読む』 

“人生に活かす読書”

●向かい風の時には自分に深みをつけよ・・紀文食品社長 堤裕

●自分を変え、夢を叶えるための読書・・ヴォルテックス代表 望月俊孝

●明日の成長に祈りを込めて・・福岡ソフトバンクホークス選手 甲斐拓也

 甲斐選手が、平澤興先生の「生きよう今日も喜んで」を愛読されているとの事、嬉しかったです(私も大好きな本ですので)

●渡部昇一先生に学んだ自己修養と読書・・東北大学大学院教授 江藤裕之


そして、全国木鶏クラブ代表世話人の三木英一先生が、安岡正篤先生の事を書かれています。


「致知」は、読み応えがあります。

じっくり味わい、考えながら読む月刊誌です。

うっかり電車で読んでしまうと、涙が溢れハンカチが必要。周囲の視線も気になります。 

心落ち着け、誰にも邪魔されない時間・・“早朝”が、私にとっては安心できる、最高の読書の時間です。

今月号も隅々まで読み尽くそう!と思う今朝です。


今日も、心弾む素敵な一日でありますように。



村山順子

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page