top of page

2023年7月3日 コンサートのような・・素敵な同窓会でした!



おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。

昨日、母校の神戸支部総会(同窓会)が、新神戸のANAクラウンプラザホテルで開かれました。

35階の眺望の良い広い部屋で。

後ろには緑滴る摩耶山、階下に新神戸駅が見え、遠くに大阪湾が見える、ロケーションの素敵な会場でした。


今年は、武庫川女子大学名誉教授で、オペラ歌手として今もご活躍されている

坂本環先生(神戸支部会員)のコンサート(時間は短いですが)を、間近で聴かせて頂きました。

先生の音楽学部の生徒さんや、初めて参加の同窓生の方々も来られ、大勢での嬉しい同窓会になりました。


先生は開会の2時間前には会場入り。

丁寧に発声練習、リハーサルをされていらっしゃいました。

先生は、劇作家の木下順二氏の“「夕鶴」のお通”をよく演じていらっしゃり、先生のオペラを聴きに、同窓会の仲間と一緒に何度か伺いました。

小柄な先生ですが、素晴らしい声量で歌われます。

その透き通るようなソプラノの美しい歌声に、感動!感動!でした。


今回、昔から先生のドレスを作られているデザイナーさんと、ピアノ伴奏の方を、先生がご招待されていました。

坂本先生が、支えてくださる方々をとても大事にされていることが伝わり、そのことにも感動しました。


お似合いの素敵なドレスをお召しになり、ヒールを履かれ背筋の伸びた美しい姿勢で、情感たっぷりに歌い上げられる先生!

お声だけでなく、体幹や筋力も鍛えていらっしゃることが、伝わりました。

会場全体が、音楽の世界に引き込まれていました。

「音楽の力」・・言葉は要らないのですね。


そして“なだ万”の美味しいお食事を頂き、ピアノの生演奏で校歌を歌い、笑顔いっぱいの記念写真を撮り、お開き!

楽しかったです。


来年は、支部設立50周年。

さらに大勢の同窓の方々と共にお祝いしたいと、早くも来年に向けての話が進んでいます。

一つのチームになって、力を寄せ合い、知恵を出し合い、カバーし合いながら歩んでいける・・

なんと素敵な同窓会の役員メンバーかと。


7月、今年の折り返し地点を迎えました。

目標をしっかり再確認して、進んでまいります。


みなさん、心弾む1週間でありますように!



村山順子

閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page