top of page

2023年9月8日 『大器は退くことによって自他を利することができる』(石川洋)



おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えのこと、ありがたいですね。


タイトルの言葉は、昨日も書かせて頂いた入院中のTさんが、LINEで送ってくれたものです。

創業以来、会社を大きく成長させ続けてきたTさん。

社長を引退する時、師と仰ぐ石川洋先生(托鉢者・社会教育家)にかけて頂いた言葉だそうです。


『大器は退くことによって自他を利することができる』


Tさんは、「大器ではないけれど、70歳で引退した。

石川先生から、『順調な時には、みなさんのおかげ、不調な時には責任は“私にある”と思えるのが、上に立つ者の大切な姿勢である。

退くことに真心を尽くせる人を、人は放ってはおかない。

それが人生の妙味である。

退くとは、自分の欲を捨てる一番むずかしい人生勉強である』と教えて頂いた」と。


Tさんに紹介して頂き、私も石川先生のご自宅や、おそば近くで学ばせて頂いた時期がありました。

まさにTさんは、先生の言われるような生き方、身の処し方をされていらっしゃいます。


Tさんに毎日葉書を送っていますが、不思議な事が続いています。

昨日は竹久夢二の事をLINEで送って下さったのですが、友人のR子さんからたくさん譲って頂いた絵葉書の中に夢二のものがあり、それに書いて送る事ができました。

今日のLINEには、聖武天皇の事が。

聖武天皇・・正倉院!

正倉院の宝物の絵葉書もたくさんあった事を思い出し、今日はその絵葉書に書いて送ります。


TさんがLINEで発信した内容の絵葉書が、ちょうど手元にある!

それも連続で! 

たくさんの素敵な絵葉書を譲って下さったR子さんの真心に感謝!

ありがとうございました!


Tさんが、また以前のようにLINEを意欲的に送って下さるようになりました。

体調が良い方向に向かっているのだと、嬉しくなりました。


みなさん、今週もお読み頂きありがとうございました。

素敵な週末をお過ごし下さいますよう。



*以前お伝えさせて頂いた、『人生を変えた10行の手紙』をお求め頂ける、ぱるす出版のページです。

大切な方へのプレゼントとしても、ご好評頂いております。よろしければぜひご覧下さいませ。



村山順子

閲覧数:7回0件のコメント

Commentaires


bottom of page