• 村山順子

大寒の卵

おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えの事と存じます。

昨夜の月をご覧になりました?

夜7時ごろの月は、東の空の低いところに

大きな大きな まん丸いお月様。

手を伸ばせば届きそう・・・と

ジャンプして掴もうとした幼い頃を思い出しました。

(満月は21日月曜日でした)


話は変わりますが


昨日、事務所に大きな箱が届きました。

「大寒卵」と書いてありました。

みなさん「大寒卵」をご存知ですか?


昨年もこの時期に、沢山の「大寒卵」が届きました。

中に「大寒卵」の由来の書いた紙が入っていました。


『大寒卵は、金運・健康運を呼ぶ縁起物!

栄養価が高く1年間病気知らずで過ごせる!』

と説明書きがありました。

すぐにスタッフたちへ、「お福分け」の用意をしました。


送り主は、今は亡き友人、Kさんの娘さんです。

Kさんは公民館の指導員でした。(私より2才若いです)

公民館に集う地域の方々の、役に立つ、興味持つ講座の講師を!といつも

考えていたそうです。

10数年前、私が「手紙の事」でラジオ関西に出た時に聴かれ、

私を講師に呼びたい!と思い「手紙のセミナー」に参加。


彼女は講師を決める時、必ずその講座を体験して納得のいく講師を決めている、

とのことでした。

彼女とは出会った瞬間に、何か相通じる物を感じました。

多くの事を学ばせてもらいました。

手紙への造詣も深く、字も文章も、表現も素敵でした。

初めて届いた彼女の手紙の後付け(日付や名前を書くこと)に

心を鷲掴みにされました。

3月3日ごろでした・・・”雛の日によせて“ と書いてありました。

なんとゆかしい表現をされる方かと!


彼女とは、その講座がきっかけで多くの公民館を紹介してくれ、

その後も交流が続きました。

彼女は、私を素敵な方々に紹介してくれ、また文化の香り高い、

少し敷居の高いところへも案内してくれました。

「観月会」や、「お祭り」も外側からではなく、その内側の関係者に

紹介してくれ私の世界を広げてくれました。


彼女の娘さんもよく似た考え、生き方をされています。

お祭りに招待された後、娘さんのご自宅でご馳走になった事もあります。

まごころ溢れたもてなしに、Kさんと同じ香りがしました。

娘さんのYさん、

私に、健康運と金運の「大寒卵」を送って下さった優しさと願い!

しっかり受け止めました。 ありがとうございます。


あっ! 長くなりました。

彼女からいただいた「こと」の多さに改めて気づかされます。

彼女の明るい大きな声、笑い声、ひまわりのような笑顔が

聴こえ見えるようです。


「手紙」の素晴らしさを伝えることを応援してくれたKさん!

もうすぐ47都道府県達成ですよ!

Kさん ありがとうございます!


「大寒卵」からいろいろ思い出し、書いてしまいました。


多くの方に出会い、

応援して頂き、今なお応援して頂いている事に

感謝の気持ちいっぱいで朝を迎えています。


今日は、特に誰かのお役に立ちたい!

立たせていただきたい!

そんな思いがわきあがっています。


みなさん、

今朝もお互い、元気に目が覚めて

本当に良かったですね。


今日1日、喜んで進んで明るい気持ちで暮らします!



村山順子

メルマガ登録

毎週金曜日、暮らしの学校の最新情報をお届けします。

Copyright©2019 Kurashinogakkou All Rights Reserved.

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube