• 村山順子

「ジャネーの法則」かけがえのない今日


おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。

神戸は、雨の朝を迎えています。

今日は、祝日!

元々は昭和天皇の誕生日で「天皇誕生日」の祝日でした。

亡くなられてからは「みどりの日」

そして今は「昭和の日」となっています。


話は変わりますが、

毎朝、「職場の教養」と言う小冊子を使って、朝礼をしています。

その日のページを、皆で読み合うのですが昨日のページには、

長年の疑問、

“子どもの頃の1年は長くて正月の来るのが待ち遠しかったのに、

なぜ今は、1年が、1ヶ月が、1週間が飛ぶように早く感じられるのだろうか?“と

思っていたこと。

それは、「ジャネーの法則」と呼ばれ、心理学的説明されていましたので、

転載させて頂きます。(ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが)


----かけがえのない今日----

「光陰矢の如し」と言う諺がありますが、「歳をとるほど時間が過ぎるのが早い」と

いうのは、大人であれば誰しも一度は感じたことがあるのでしょう。

「主観的に記憶される年月の長さは年少者には長く、年長者には短く感じられる」と

いう現象は「ジャネーの法則」と呼ばれ、心理学的に説明されています。

例えば50歳の人の1年は50分の1ですが、5歳の子供にとっては5分の1に相当します。

つまり、生きてきた年数によって、1年の相対的長さがどんどん短くなって、

歳月の経過が早く感じられるわけです。

また、日々の生活に新鮮味が少なくなることやマンネリ化によって、時間の経過を

早く感じるようになるのかもしれません。

・・・・・・・・・・

「時の刻みは命の刻み」・・・二度と訪れない今日。この一瞬一瞬を大切にし、

充実させましょう!


かけがえのない今日1日!

今日も明るく、自分の目指す事に向かって、

笑顔で取り組みます!


みなさん、素敵なお休みをお過ごし下さいますよう!



村山順子

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示