大切なものは
​毎日の暮らしの中にあった

暮らしの学校について

『神戸暮らしの学校』は、毎日の暮しを大切にする、家事代行サービスから生まれた

”幸せな暮しのための心と技術”を共に学ぶ学校です。

毎日の暮しがよりよくなるアイディアやヒントを神戸からお届けします。

 

 

【授業の内容について】

暮らしの学校は、神戸の家事代行と整理収納サービスの会社「ひまわりサービス」から生まれた、幸せな暮らしのための心と技術を共に学ぶための学校です。
ひまわりサービスは、2007年「家事の学校」という名称の事業計画で兵庫県の経営革新の承認をいただきました。学校のカリキュラムの一部である、大切な人に素直な気持ちを伝える「心を伝える手紙のセミナー」や、お掃除を通じて、自分のタイプを知り心を整えていく「心のお掃除教室」、60代からのいきいきとした暮らしのための「60歳から始める整理収納セミナー」などを「ひまわりサービス」の地域活動として行ってきました。これらの活動は、ひまわりサービスの目的である、幸せな暮し、笑顔溢れる暮らしを地域に広げるために行っていましたが、小さな一企業が単独で行うものではなく、より多くの同じ思いをもち、既に活動されている、またこれからしようとされている企業、NPO法人、団体の皆さんとともに、その実現のため歩んでいきたいと考えました。そのためにオープンでフラットな組織、参加する企業も、団体も個人も共に学び合う場として「神戸暮らしの学校」として一般社団法人化いたしました。まだ歩き出したばかりの「神戸暮らしの学校」です。皆様のご指導ご協力のほどどうぞお願いいたします。


2011年11月

一般社団法人 暮らしの学校

代表理事 村山順子

暮らしの学校についてより詳しく

メルマガ登録

毎週金曜日、暮らしの学校の最新情報をお届けします。

Copyright©2019 Kurashinogakkou All Rights Reserved.

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube