『新型コロナウイルス感染は、特別なことですか?』・・ポスターの言葉より・・

おはようございます!

昨日は春のような暖かさ!

コートを手に持って、歩いていました。


昨日、どうしても購入したい文具がありました。

文具店に向かって三ノ宮駅近くを歩いていると、

ドキッとするポスターが。


コンコースの太い丸い柱に、真っ赤なハートマークのポスターが。

クシャクシャに丸めた紙を、もう一度シワを伸ばしたようなハートマーク。

こんな言葉がハートマークの上に、書いてありました。


『ウイルスが体を苦しめる。偏見が心を苦しめる。』

神戸でも、学校が同じと言うだけで、知らない人からバスに乗るなと言われたり、

退院した後に「家から出るな」と玄関に張り紙をされたりした事例が実際に

発生しています。

『新型コロナウイルスに関わる人々に、あたたかいまなざしを。』とのポスターが。


このポスターを見ながら、以前メルマガに書いた事を思い出しました。

愛媛県で始まった「シトラスリボンプロジェクト」・・

コロナ禍で生まれた差別、偏見を耳にした、愛媛県の有志が

「ただいま、おかえり」と、言い合える優しい愛媛でありたいと、

特産の水引で、3つの輪のリボンのブローチを作って応援しています。


誰が、いつ、どこで感染するか分からないコロナウイルス。

特に『ウイルスが体を苦しめる。偏見が心を苦しめる。』


「大丈夫ですか?」「何かできることはないですか?」

「お互い様」「無理しないでくださいね」

など、優しい気持ちを届けたいです。


みなさん、今日も嬉しい事がいっぱいある、

笑顔の一日でありますように!



村山順子

閲覧数:6回0件のコメント