『父と子』


おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えの事と存じます。

昨日の神戸は肌寒い1日でした。

今朝もひんやりしていますが、五月晴れの気持ちの良い朝です。


人間学を学ぶ「致知」の6月号の特集は

『父と子』です。

「父が照らしてくれた光」というテーマでの座談会の内容が

掲載されていました。


森信三先生、平澤 興先生、坂村真民先生を 父親に持つ3人の方のお話でした。

3人の先生を尊敬申し上げる私にとって願ってもない企画です。

皆さまそれぞれが、大人になってからも先生方とご一緒に暮らされる期間があり

家庭人、父親としてのお姿も話して下さっています。

3人の方々は、今、尊敬する父親である先生方の遺されたお仕事・・・を守り

後世に引き継ごうとされていらっしゃいます。

(詳しくは致知6月号をお読みください。インターネットでも一部見ることができます)


特に森信三先生の三男の迪彦氏とは、大阪で毎月第4土曜日にある

「人間図書館」という勉強会でときおりお会いします。


ご自宅が割合近いので、帰りはいつも阪急電車でお話をお聞きしながら

帰っています。 森信三先生のお話を直接お聴きすることが出来る、

なんとも贅沢な嬉しい時間です。


森信三先生の教えは、毎年8月にある「実践人の家全国研修会」で、広くどなたでも参加することができます。

最近は若い学生さんたちも・・・特に教師になろうと学ぶ学生たちの参加が増えています。


今年は8月18・19日の2日間です。(事務所に資料を置いていますので、月曜日に載せますね)

今からの申し込みならまだ大丈夫です。

私は2010年からほぼ毎年参加させていただいています。

詳しくは資料を載せますのでその時にお読みくださいますよう。


明日は、大阪である致知出版社の社内木鶏全国大会があり、聴きに行きます。

どうぞ素敵な週末をお過ごしくださいますよう!



村山順子

閲覧数:0回0件のコメント