2022年1月14日 『誕生日に手紙、送りませんか!』

更新日:1月17日


おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えの事と存じます。


昨日は経営者モーニングセミナーで講話させて頂きました。

活気に満ちた、学びの姿勢に思わず背筋が伸びる会場、そしてみなさまでした。

私の話では必ず、手紙の話をさせて頂きます。

昨日の講話の結びにも、大切な方、ご家族、ご両親に『誕生日や記念日には、手紙を送る習慣ができると良いですね!』と。


昨晩、テレビをつけていると、郵便局のコマーシャルで手紙好きの芦田愛菜さんが「誕生日に手紙を送りませんか!」と笑顔で。

そして「自分だけのオリジナルの手紙を」と。

今、綺麗なシールやマスキングテープがあります。

届ける相手の笑顔を思い浮かべながら、嬉しい言葉と、見ても楽しい美しい手紙、カードを作って、世界に一つだけの手紙を書いて送るのも素敵ですね!


話を戻しますね。

昨日は講話から急ぎ帰り、私自身の盛りだくさんの講演内容を減らし、話を絞り、参加者の書かれた手紙の背景などを、丁寧に話しながら紹介したいと思いました。

そのためには、できれば実名で紹介したいと思い、確認のお電話をさせて頂きました。


お一人は、尼崎市の小学校での元教え子のお母様で80代後半の野田さん。

尼崎市から神戸の西区に転居していた野田さんは、私が手紙のセミナーを始めた初期の頃、「先生、何か手伝わせてください!」と自ら買って出てくれました。

そして私に情報・・「『阪神淡路大震災15周年“いのりのとき“』で、亡くなった大切な方への100文字メッセージを募集していますので、先生、是非ご主人様宛に書いて送ってください!」と案内を送ってくれました。

すぐに書いて応募した100文字メッセージが、500篇あまりの応募の中で、当日壇上でプロのアナウンサーに読んで頂く23篇に選ばれました。


野田さんに言って頂いた事に素直にすぐに行動しただけですのに、この事をきっかけに、思いがけない嬉しい事の連鎖が始まりました。

長くなりますので、この続きは1月17日、阪神淡路大震災の日に書かせて頂きます。


みなさん、記念日には心を込めた手書きの手紙やCardを贈りませんか!


笑顔溢れる素敵な週末をお過ごしくださいますよう!



村山順子

閲覧数:7回0件のコメント