• 村山順子

お盆に思うこと! 『命の炎』・・小さな人生論(藤尾秀昭)ポケット名言集より

おはようございます!

今朝も笑顔満開、お健やかに朝をお迎えでしょうか?


今年のお盆休みは、例年とは違ったお盆になります。

コロナウイルスの感染拡大で、

我が家の娘一家も、金沢から帰省しません。


お寺さんの読経を聴きながら、私の知らない、

どれほどのたくさんのご先祖さんが いらっしゃるのだろう?かと

想像を巡らせていました。


ふと思い出した本の一文。

『命の炎』を転載させて頂きます。


” 1人の人間が生まれるためには2人の両親がいる。

その両親が生まれるためには、それぞれ両親がいる。

2代で4人、3代で8人、4代で16人である。

20代で104万8576人、25代で3355万4432人

30代で10億7374万1824人という人数になる。

その祖先のうち、もし1人でも欠けていたら、私たちの命はない。

命の炎が1回も途切れる事なく、連綿と続いてきたからこそ、

私たちはいま、この世に生きている。

先祖からの命の炎を託されて、

私たちはこの世を生きている。“


私たちの遺伝子の中に、

数えきれないほどのご先祖様が生きている・・・

託されて生きている!


何だかドキドキ、ワクワク!

どんな生き方が、ご先祖さんの願いに叶う生き方なのだろうか?

楽しく、笑顔で、元気に、喜んで、仲良く、

誰かのお役に立たせて頂きながら、生きていく事!

ハードルが高い?欲張りすぎかな?


そして遺伝子工学の筑波大学名誉教授、村上和雄先生は

私たちが生まれる確率は、1億円の宝くじに連続100万回当たるよりも

なお難しい奇跡的な存在として生まれてきた私たち1人1人!だと。


生かされて、生きている私たち!

感謝して、生きていきたいと思うお盆のお参りでした。


明日からメルマガをお休みさせて頂き、

17日月曜日にお目にかかります。


みなさん 素敵なお盆を

お過ごしくださいますよう!



村山順子


メルマガ登録

毎週金曜日、暮らしの学校の最新情報をお届けします。

Copyright©2019 Kurashinogakkou All Rights Reserved.

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube