• 村山順子

“お節介”してしまいました!


おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えの事と存じます。


一昨日、銀行の方が社長を訪ねて来られました。

社長に連絡すると、

「直ぐに帰るから」との事で、

待って頂くことになりました。


若い方で、結婚指輪もまだ新しく、

つい聞いてしまいました。

「お子さんいらっしゃるのですか?」と。


嬉しそうに「はい!まだ生まれて2週間、女の子です!

山口県の妻の実家で里帰り出産です。生まれたときに一度逢いに行きました。

子どもって、こんなにも可愛いものなのですね」と。


またお名前の由来も話してくださいました。

「再来週また山口に逢いに行きます!」と、

喜びを隠し切れない様子で話してくれます。


奥様に会ったとき、いろいろ伝えたかったけれど、

「ありがとう」としか言えなかった・・とも。


「奥様にありがとうの想いを込めて、手紙を書いたらどうかなぁ?」と私。

「はい!そうですね。僕もそう思っていました。

書いて再来週山口に行くときに妻に渡します!」と銀行員さん。


私は「せっかく思っているのだから、先にお手紙を郵送されてから、

再来週山口に行かれたらどうですか?

それとね、奥様のご両親様への感謝のお手紙も書いて郵送されたら、

奥様もご両親様も喜ばれると思いますよ」と私。

彼は笑顔で「そうですね!そうします!」と。


実践されるかどうかは、相手の領分です。

「素直な気持ちで書く手紙」をお勧めしました。


手紙の素晴らしさをお伝えする事を

ライフワークと思い、活動している私。

お伝えせずにはいられませんでした。


「あの時、お伝えしていたら良かった~」ではなく、

「お伝えできた事、良かった!」と、いう生き方をしたいです。


多分、これからもこのようなお節介をしながら、

年を重ねて行くのだと思います。



みなさん

今日も笑顔溢れる 1日でありますように!



村山順子

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

メルマガ登録

毎週金曜日、暮らしの学校の最新情報をお届けします。

Copyright©2019 Kurashinogakkou All Rights Reserved.

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube