優しさ溢れるお手紙でした! 皆さまに支えていただきながら・・・

おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。

神戸は、雨の朝を迎えています。


有難い事に、毎日のように手書きの手紙や、葉書を頂きます。

昨日も自宅に、墨痕鮮やかな手紙が届いていました。

直ぐに分かりました!

神戸市北区のKさんからです。


地域限定のパンダの切手! 

20年余り王子動物園でみんなを楽しませてくれ

もうすぐ中国に返還されるパンダ。

「神戸のお嬢様」と言われている“タンタン”の切手でした。


便箋も筆文字に合う素敵な和紙、

ほのかに香る椿の描かれた、ミニの栞が入っていました。

まさに「手書きの手紙は優しい心の贈り物」のお手紙でした。

(原点に戻り・・教えられました。)


Kさんは83歳の上品な女性です。

ご近所のHさん(20年近く前のお客様で、仕事は15年位前に終わりましたが

今は友人として親しくさせて頂いています)

に誘われてご一緒に、神戸の手紙のセミナーに参加されました。

お会いしたのは一度だけですが、それ以来、手紙での交流が始まりました。


Kさんは、ご主人様を亡くされて35年以上になるそうです。

ご主人様亡き後、ご近所のHさんご夫妻が支えて下さったそうで、

お手紙にはいつも、Hさんへの感謝と、手紙のセミナーに出会えた事への

感謝の言葉が書かれています。


また、お手紙には

「毎朝メルマガで1日が始まります。勇気をいただいて生活しています。

心より感謝申し上げます」と書かれています。

そして、先日Kさんにお届けした私の葉書に、

「今年は春から縁起がよいわいなぁ~」と

嬉しい事を書いてくださっていました。


「コロナが収まったら、

Hさんと3人でお会いしお食事できる日を楽しみに・・」

と、書かれており嬉しかったです。


ウイークデーに毎朝、笑顔になれたり、

ホッとする事を書かせて頂く・・と、決めて

書いているこのメルマガ!


コロナで、活動の全てが中止になりました。

書きたいことが、いくつも湧き出てきていた時もありましたが、

パソコンを前にして、書けない時もあります。


ですが、「毎日、メルマガから始まるの」と、

書いて下さる方々の優しさに励まされ、

支えて頂き、書き続けることができます。

皆様、ありがとうございます。


雨模様のようですが、素敵な週末をお過ごしくださいますよう!


みなさん

今週もお読みくださり、有難うございました!



村山順子

閲覧数:2回0件のコメント