• 村山順子

年末の帰省は・・・

おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。

年末の帰省!

皆様のご家庭では、どうされますか?


昨日、金沢の娘に電話しました。

「年末、帰ってくるの?」と私。

「帰るつもりだけど、コロナ・・気になるし」と娘。

昨日の電話では、「帰省は見合わせる」と言うことになりました。


娘一家が年末、家族5人で神戸に帰省する事、

色々計画を立てて、楽しみにしていました。


末っ子の小学三年生のけんちゃんは、

「もうリュックサックに自分の荷物を用意し、楽しみにしている」と、

娘が話していました。


テレビなどでは、「今年は帰省しない!」という意見が大半。

スタッフに聞いてみると、

「同じ兵庫県内の実家にも、今年は帰らない!」と話していました。

いつもは双方の実家に行くので、お節料理を作ったことは無いけど、

今年は、お節のお重を注文すると話していました。


金沢の孫たちと、一年間あっていません。

(ビデオ電話では会っていますが・・・)


背が伸び、靴のサイズも随分大きくなったとの事です。


いつもは娘に急かされて、用意をするけんちゃんが、

「自分の必要なものをはやばやと、リュックに入れている!」と。

どれほど楽しみにしているかを思うと、

「けんちゃん、おいで!」と言いたくなります。


けんちゃんは、今まで大事にしていたプラスチックのカードを

「ばぁちゃんにあげるよ!」と、封筒に何枚も入れて送ってくれました。

ゲームの事を知らないばぁちゃんは、

どのように使うのか?何というカードなのか、全くわかりません。


ですが大切な物を、「ばぁちゃんにあげたい!」と思う

けんちゃんの気持ちが、可愛くてなりません。


いつまで、孫たちが「神戸のばぁちゃん家に、行きたい!」って

言ってくれるだろう?

そんなことを思うと、心が揺れます。


何も言わないで、娘たちの心に任せよう!

そんな事を思う昨日でした。


みなさんに

今日も嬉しいことがありますように!



村山順子

メルマガ登録

毎週金曜日、暮らしの学校の最新情報をお届けします。

Copyright©2019 Kurashinogakkou All Rights Reserved.

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube