生かされて生きる!(宇宙船地球号乗組員の私たち)

おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えの事と存じます。


朝から少し重い話かもしれませんが、少し書かせてくださいね。


最近の自然災害の頻発。

朝、家族揃って元気に目覚めが頂けること、当たり前ではなく、有難い事。


せっかく賜った今日1日!

自分の事だけに時間を使うのは勿体無い、誰かの喜んでくれることをしたい。

お役に立たせていただきたい!

そんな気持ちが一層強くなりました。


年齢のせいもあるかも知れませんが、乳母車に乗った赤ちゃんが無条件に愛しくなったり、

赤ちゃんが泣いて手こずっている若いママについ、お声をかけてしまいます。


みんな、生きている!生かされている地球号に乗っている仲間。

思い合い助け合っていきたいですね!


そういえば、亡き西中弁護士は、いつもハガキのお名前の上に

『宇宙船 地球号乗組員』ってゴム印を押していらっしゃいました。

地球号に乗り合わせたお互い!

そう考えると何だか愉快な気持ち、連帯感を覚えますね。


私はもう直ぐ71歳。

あっと言う間の71年間。

人生を逆算するとき、健康寿命はあとどの位あるのだろうか!

そんな事を考えると、日々がとても感謝の特別な日になります。


毎日の料理も、あとどの位自分で作れるのだろう!などと考えると、

今日の事は今日で完結する。

そんな生き方をしたいと思う今朝です。


みなさん、今週もメルマガお読み下さりありがとうございました。

体調管理に気をつけられて、素敵な週末をお過ごしくださいますよう!



村山順子

閲覧数:0回0件のコメント