• 村山順子

花壇の花を仏壇に飾りました!

おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。

神戸は、肌寒さを覚える雨の朝を迎えています。

台風14号の影響との事、

何処の地域にも被害がありませんように!


話は変わりますが、

涼しくなり仏壇にお供えする花も、

少し日持ちするようになりました。


朝から私事で恐縮ですが、

我が家には、仏壇が2つあります。

村山家の仏壇と、亡き義母の実家の仏壇です。

義母の弟さんに子どもができなくて、誰も後を継ぐ方がいませんので

私たちがお祀りさせて頂いています。


田舎にあった母の実家の墓じまいをして、

神戸のお寺に永代供養させて頂いていますが、

私が元気なうちは、仏壇をお預かりしずっとお祀りしています。

(一家に二つの仏壇は・・・と言われる方もいらっしゃいますが、

義母も喜んでくれていましたので、お祀りさせて頂いています。)


いつも花立てに一対ずつ、合計4つの花をお供えしています。

真夏は、3~4日しかもちません。

どうしたら花たちが、少しでも長く元気で居てくれるか!

毎日水換えをしていても、花立て(はなたて)の水は臭います。


何故かしら?金属製の花立て。

中に光を当ててよく見ると、黒く少しゴツゴツしていました。

漂白剤を入れて時間をおき、ブラシで擦る、擦る、擦る!

長い間の、溜まった汚れが落ちる落ちる!

根こそぎ、そぎ落としました。

全く匂いのしない、中が綺麗な花立てになりました。

洗っているつもりでも、残っていたのですね。

原因は私でした。


毎晩寝る前には、花立てを仏壇から下ろし、

花を抜いて水切りをし、結んでいた紐を緩め、

氷水を張った大きめのボールに入れてゆっくり休んで貰います。

朝、氷水を入れた花立に花をさしてお供え。

花は正直ですね。

花立ての中を綺麗にすると、いつもの夏より花も少し長持ちしました。


今、お花屋さんの仏花は、りんどう、小菊、カーネーション!が中心です。

事務所前の花壇は、まだ夏の名残の花たちが、色とりどりの花を咲かせてくれています。

そろそろ植え替えの時期。


「そうだ!この花たちを仏壇に飾ろう!」と。


花たちに、

「綺麗に咲いて楽しませてくれてありがとう!

次は我が家の仏壇に飾らせて貰うね!」と、

声を掛けながら、丁寧に切りとり自宅へ。


葉っぱをスッキリ整え、綺麗に組み直しお供えしました。

亡き愛しい人たちが、笑っているように見えました。

花壇の花たちは、道ゆく人たちを楽しませ、

2度目のご奉公?

仏壇を飾ってくれています。


自己満足かも知れませんが、仏壇が綺麗に整うと、

ホッとします。


10月は亡き夫の誕生月、生きていたら76歳です。

まだまだ若いですよね。

そして亡くなった月でもあります。


感慨深い10月です。

浄土真宗では25回忌をしますので、

夫の祥月命日には、京都の本願寺に参拝させて頂きます。


みなさん、今日も良い日でありますように!



村山順子

メルマガ登録

毎週金曜日、暮らしの学校の最新情報をお届けします。

Copyright©2019 Kurashinogakkou All Rights Reserved.

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube