2018年3月5日 ”河川津波“の脅威 NHKスペシャル~震災7年知られざる脅威~


おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えの事と存じます。

昨日の神戸は春を思わせる暖かい1日でした。

皆さま地域はいかがでしたでしょうか?


東日本大震災からもうすぐ7年になります。

昨晩、NHKスペシャルで「河川津波の脅威」が放映されていました。

テレビの画面からまるで津波が画面から飛び出してこちらに押しかけて来そうで

怖かったです。まして経験された方々にとってどんな思いでご覧になられたかと、

いえ、思い出したくなくて、見なかった方も多かったと思います。


日本列島そのものが火山列島、活火山は110、そのうち常時観測火山は50あるそうです。

地震地帯に有るのですから、いつどこで何が起こるかもしれない日本の国です。

将来必ず起こると言われている南海トラフ大地震や東海地震。

その被害を最少限度に留めたいと、海と川からの津波を想定し各自治体で避難マップや避難経路を確認し、

訓練している様子もテレビで放映されていました。


いつ起こるかもしれない災害に、我が家の備え、私自身の備えは出来ているのか!

だんだん震災の記憶が薄れそれと同時に備蓄や、非常持ち出しの点検も怠っていました。

東日本大震災の時に改めてその大事さを思い、いろいろ備えました。

その備蓄品も、消費期限が来て処分してその後の補充をしていませんでした。

どこに避難するのか、家族の約束事、2週間は自力で暮らせるだけの食料や、水の確保、

必要持ち出し品の確認を今一度、確認補充していこうと思いました。

週明けから少し怖い話を書いてしまいましたが、”備えあれば憂いなし“

ですね。


みなさん、春が駆け足ですぐそこまで来ています。

今週も嬉しい一週間でありますように!



村山順子

閲覧数:4回0件のコメント