2021年10月22日 「声のたより」・・母に届きました!

更新日:2021年10月24日


おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。

朝夕は冷え込んできました。

季節は、晩秋へと駆け足で進んでいます。


先週書かせて頂いた母への「声のたより」。

兄弟を代表して長女の私が、手紙を書いて吹き込み、CDにして弟宛に送りました。


今、母は話す人もなく、目も見えなくなり、情報量の少ない寝たきりの暮らしです。

果たして「声のたより」が母の心に届くかどうか・・・正直不安でした。


「声のたより」には、母が私たちにしてくれた事や、母の喜ぶエピソード。

母への感謝を、たくさん書いて吹き込みました。

辛かったことや、悲しいことを思い出させる事は書きませんでした。

吹き込んでは、またやり直し・・母が聞きやすいように、ゆっくり話し掛けました。


昨日、兄弟間のラインに、母の映像が届きました。

そこには、表情豊かな母の姿がありました。

嬉しそうな顔、頷きながら聞き、顔をクシャクシャにしながら感極まって、今にも泣き出しそうな表情の時もありました。

母の心に届いたのです!よかった~

嬉しくてなりませんでした。


母を見るのは、昨年2月19日以来です。

その時の母の表情は乏しく、話しかけても、なかなか言葉が返ってきませんでした。

帰りの飛行機に乗る時間が近づく頃に、やっと母の口から言葉が出てきました。

母の暮らしの寂しさを思いました。

心を残しながら神戸に帰ってきていました・・・


昨日のラインの中の母の表情は、豊かでした。

弟や義妹のお陰様で、母の「今」を知ることができました。


「十億の人に十億の母あれどわが母にまさる母あらめやも」

暁烏敏(あけがらす はや)師のうたを思い出します。


母の生き方を思う時、“私たちも頑張れるはず!“と、思います。

面会できるようになったら、直ぐに会いに行きたいです!

孫もいる74歳の私ですが、いくつになっても母の前では子どもです。


今週もお読みくださり、ありがとうございました!

寒くなってきました。

どうぞお体に気をつけられて、素敵な週末をお迎えくださいますよう!



村山順子

閲覧数:1回0件のコメント