2021年7月30日 自分だけ燃えるのではなく、周りの人も一緒に!


おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。


暑い日が続いております。

アスファルトから湯気が上がってきそうです。

オリンピックの明るいニュースと同時に、急激なコロナ感染拡大のニュースも。

緊急事態宣言の対象県は、東京、沖縄、に加え、埼玉、千葉、神奈川、大阪も。

また、北海道、石川、兵庫、京都、福岡に、まん延防止等重点措置を適用する方針との事。

自分にできる事は何?を、初心に戻り、手洗い、うがい、マスク、換気、食事中は話さない、人混みの中に出かけない!・・事などを意識し行動します。


話は変わりますが、昨朝、ある経営者の講話をズームで拝聴しました。

その方とは面識がありますが、直接お話ししたことはありません。

ですが、器の大きさ、人間力が伝わり、是非一度お聞きしたい!と思っておりました。


やっぱり!

とても心に響く講話!包容力に感動しました。

辛い生い立ちを感じさせない明るいお人柄。

笑いを交えながらのお話でした。


その中の一つに、こんなお話がありました。

ログハウスをお持ちで、そこには大きい暖炉があるそうです(今は売却)。

暖炉の中の大きい薪!大きな炎でよく燃え灰になるが、周りの小さな木は焼けずに残ったまま。

大きな薪は、周りの小さな木も一緒に燃えるようにしなければ・・とのお話。

共に良くなっていこう!との思いが伝わり、胸が熱くなりました。


去年の夏、その経営者の方の本社ビルが全焼。

もうダメか・・との思いがよぎったそうですが、大勢の従業員が、暑い中、真っ黒になりながら片付けをしてくれる姿に奮起!

そして、毎日差し入れを持って来てくださる方、支えてくださる方々も大勢いてくださり、わずか7ヶ月で本社ビルを再建する事ができ、業績もV字回復されたとの事。

ご自身の土日は、従業員への感謝デーにされているそうです。


お話の中、私もよく存じ上げている経営者や、先生方のお名前が、エピソードと共に・・。

その方々を思い出し、感謝の思いが湧きあがる昨日でした。


話をテーマに戻しますね。

「自分だけ燃えるのではなく、周りの人も一緒に!」


“この言葉に通じる言葉をどこかで聞いたよね・・・・”


思い出しました!

「村山さん、手紙の本を書きなさい!」と背中を押して下さった、今は亡き西中務弁護士の事を。

西中先生は、よく皆様の前で講話されていました。

その時、よくお話しされていたのが、「美味しい饅頭を、押し入れに隠れて一人でこそこそ食べない事。美味しいよ!と声を上げてみんなに教えてあげなさい!」と。


自分が良いと思って学んでいることは、”良いよ、素晴らしいよ”と伝えてあげなさい!と、美味しい饅頭にたとえてお話しくださったこと。

今、このメルマガを書きながら、西中先生のことを思い出しました。

西中先生の熱心なお声掛け、叱咤激励がなければ、2冊目の本(「人生を変えた10行の手紙」)は出版できませんでした。


それぞれの価値観、思いがあります。

「自分が良いと思ったことは、心を込めて伝えるだけは伝えよう。あとはお任せ!」と、思いを新たにした今朝です。


西中先生の一番の印象は、お名前を呼ばれたら「はーい!」と手を挙げてのお返事!です。

小柄なお体からは想像もできない大きなお声で!

素晴らしい生き方を見せて下さいました。


熱海の土砂災害、また各地での大雨の被害、オリンピックなど、色々な事があった7月。

明日は、近所の氏神様に、1ヶ月過ごさせて頂いた事の、お礼に伺います。


みなさん、今週もメルマガをお読み下さりありがとうございました。

笑顔溢れる週末をお過ごし下さいますよう!



村山順子

閲覧数:2回0件のコメント