2021年9月17日 秋の夜長に思う事!

更新日:2021年9月22日


おはようございます。

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。

20日は秋のお彼岸の入り。23日はお彼岸の中日です。

また、21日は「中秋の名月」。

今年は8年ぶりに、中秋の名月と満月が同じ日になり、一年でいちばん美しい月が観られるそうです。

秋は空が高く、空気も澄んでいて、月や星を観るにはいい季節ですね。


話は変わりますが、

23日は、昨年亡くなられた関学大学院のS教授のご命日です。

亡くなられる1ヶ月前、リモートで私の講義のサポートをして下さっていました。

お元気な頃と変わらぬ、先生独特の話され方でした。

その後、程なく再入院、最新の治療の甲斐もなく、旅立たれました。

今も目を閉じると、先生のお声が聴こえるようです。


人生の中で誰に出会うかで、その後に出会える方々や出会う事(機会)も、随分変わりますね。

S教授との出会いは、私に、経験した事のない所で講演をさせて下さったり、出会えるはずのない方々にお出会いさせて下さいました。

大学や大学院等で8年間にわたり、尊い学びの機会を頂きました。


先生が亡くなられてから、奥様に何回かお電話させて頂きました。

奥様は、先生への限りない感謝の想いを話されていました。


私の、夫との突然の別れは25年前の晩秋でした。

「いつ終わるかも知れない限りある命!」

夫の分まで、誰かのお役に立たせて頂きながら、喜んで生きていきたい!と思う・・秋の夜です。


週末、台風14号の影響で大雨、強風の地域もあるようです。

進路にあたる方々は、充分な備えをされますように。

また被害が出ませんように!祈ります。


今週もお読みくださり ありがとうございました。

どうぞ、穏やかな週末をお過ごし下さいますよう。



村山順子

閲覧数:3回0件のコメント