top of page

2022年12月6日 「54年6ヶ月で閉院します!」



おはようございます。

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。


よく葉書や手紙を頂きます。

昨日届いた3通の葉書の中に、来年3月に94歳になられる

内科の先生からのお葉書がありました。

長くなります事、お許しくださいね。


8月のお盆に、先生の奥様のお参りに伺った時、

「年末に54年6ヶ月続けた医院を閉院する」と、お聞きしていました。

閉院が近くなり、11月末にお葉書をお届けしていました。

そのお返事です。

「・・・今月末で閉院、診療を終了します(54年6ヶ月)。

今のところ老化は日増しに増強していますが、

障害なく自立しているのがなによりです・・

向寒、ご無事をお祈りします・・」と。

簡潔で見事な自筆のお葉書でした。


閉院後も、広いお庭のあるご自宅で、お手伝いさんや、弊社のサービスを利用され、今まで通りのお暮らしをされるようです。

先生の記憶力は抜群!

私の忘れている事を覚えておられ、記憶違いをご指摘下さいます。


弊社とのご縁は、定期購読の月刊誌『50歳からの生き方応援雑誌「いきいき」』(現在ハルメク)2002年3月号に、

私が、思いがけず取材、掲載して頂いた事がきっかけでした。

家事代行サービスという、ご自宅の中に入らせて頂くお仕事。

信用、信頼が一番大切です。

全国誌「いきいき」にオールカラーで5ページにわたって載せて頂いた事が

大きな信用となりました。

(当時、法務局で「家事代行サービス?どんな仕事?」と

聞かれたような時期でした)


その「いきいき」を、医院の患者さんで、奥様のご友人だった

元小学校教師の方がご覧になり、すぐに弊社に電話。

即お客様になって下さいました。

そしてご利用されて良かったので、

お友達である先生の奥様にもご紹介くださいました。


2002年3月から、毎月2回伺っています。

奥様は亡くなられる時、遺言を残されたそうです。

「私が死んでもずっとひまわりさん(弊社屋号)を、使い続けてね」と。

午前、午後のお手伝いさんがいらっしゃるのに、

奥様が亡くなられて12年余り、

先生は、その遺言をずっと守り続けていらっしゃいます。


先生は、「まだまだやれそうな気がする」そうですが、

閉院にもたくさんの手続きがあり、器具等の始末も大変だそうです。

お子様に恵まれなかった先生ご夫妻。

ご自分の手で、できるうちに閉院、と決めていらしたそうです。

見事な生き方、仕舞い方でいらっしゃいます。


お住まいの市では、最高年齢の現役の内科医だそうです。

リタイアされた先生のお話を、お聞きしたいので、また伺います。


見渡せば、素敵な人生の先輩方が、たくさんいらっしゃいます!

生涯現役で、いきいきと、生きていらっしゃいます。

その先輩たちの生き方を見せて頂きながら、

一歩一歩・・・歩いてまいります。


みなさん、今日も笑顔溢れる

素敵な一日でありますように!



村山順子

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page