2022年6月7日 「女前」のM様!


おはようございます!

雨上がりの澄んだ空気!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えのことと存じます。


昨日、尊敬申し上げるM先輩・・にお伝えしたいことがあり、お電話させて頂きました。

いつもと変わらぬお元気なお声で、お話し下さいました。

そして思った事。

「男前」があれば「女前」もあって良いのでは!と。

M様は、まさに「女前」先輩です!

生き方、考え方が、スカッとしていて、優しく、カッコ良いのです。

男女を問わず尊敬されていらっしゃいます。


大らかで、決断力があり、それでいて繊細で、何より人の心がわかる先輩です。

尊敬申し上げる方ですが、私の方まで下がってお話しくださるので、緊張しないで、楽しい気持ちで、時に大声で笑い合いながらのお電話でした。

M様、ありがとうございました!

ぱるす出版の編集者、経営者をされていた時はK様でしたが、会社を卒業されてからは本名のM様に。 

それでもなお、頼まれたことに労を厭われないM様です。


実は拙著「人生を変えた10行の手紙」が出版できたのは、お二人の恩人のお陰様です。

お一人は、今は亡き大阪のエートス法律事務所の西中務弁護士です。

私を見るたびに「次の手紙の本はまだかね」と。

煮え切らない私に「東京のぱるす出版社のK社長(M様)を知っているでしょう!すぐに行きなさい!」と、強い口調で背中を押してくださいました。

存じ上げている方に大切な方の事を頼む事はできるのですが、自分の事を頼むのは気がひけて、できない私です。

ですが西中先生の強いお言葉に押され、アポイントを頂き上京。

K社長は、私の話をしっかり聴いてくださり即、「出版しましょう」と、お約束くださいました。

(K社長は私のメルマガをお読み下さっていましたが、まさか!と・・その決断力、優しさに感激しました)


本の出版にあたり、家族写真や、幼い頃の写真など、十数枚お送りしました。

本ができた頃に写真が返送されました。

その写真を見て、感動しました。

私は写真を重ねて送りましたのに、一枚ずつ丁寧に専用のシートに入れてくださっていました。

どれほど心を込めて、一つ一つの事をしてくださっているのかが伝わります。

またM様は、押し花葉書を作られ、素敵な一枚ものに書いて送ってくださる事もよくありました。

草花の可憐さ繊細さを生かした押し花葉書!

草花を愛おしむお心が伝わり、見るだけで感動します。


人生は出会いの連続!

良き方々とお出会いし、その方々の優しさに支えて頂き、助けられて・・今に繋がっています。

いつか私も、支える側になり、恩送りさせて頂けるようになります!

(そして「女前」になりたいなぁ~)


みなさん、今日はどんな出会いがあるでしょう!

どんなことに心が躍るのでしょう!

出かけなくても、身近にたくさん!

空の青さ、花々の可憐さ、世の中は美しいものでいっぱい!

感じる心は自由自在!


今日も喜び溢れる一日でありますように!



村山順子

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示