2022年8月26日 ~日本一になるには、どんな仕事を選んだらいいのか~


おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。

昨朝、大阪尼崎倫理法人会のモーニングセミナーに参加しました。

会長の北山さんが、会長として最後の講話をされるとのメッセージを頂いたためです。


北山会長と私は、同じ1947年生まれです。

初めてお会いしたのは、2018年6月頃だったと思います。

友人に会いたくて参加したモーニングセミナー。

その時の講話者がたまたま、北山先生でした。

派手なネクタイを締められて壇上へ。

今までの倫理で講話される方とは、全く違うタイプの方で驚きました。

ところがそのお話に、またまた驚きました。


大学紛争の真っ只中、東大の安田講堂立てこもりに参加。

逮捕、1973年名古屋大学除籍。

ブラックリストに載り、一般企業への就職の道はなくなったとの事。

その時考えたのが、資格をとって開業する事でした。

多くの士業を調べて選んだのが、まだ資格者の少ない「土地家屋調査士」。

この業界でなら日本一になれる!と思い、1974年に取得。

即、土地家屋調査士事務所「北山総合事務所」を設立。


〇人の嫌がる、したくない、面倒くさい仕事をする。

〇誰よりも早く、5時に出社。誰よりも遅く退社。365日働き続けた。

 当時、日本経済は右肩上がり。仕事は次々と。

 事務所設立から17年で日本一に(今も)。


また、一目惚れした、教師をされていた陽子ちゃん。

ストーカーのように毎日陽子ちゃんを待ち伏せ。

根をあげた陽子ちゃんが、「5か条の約束」を生涯守ってくれるなら・・・と、結婚。

先生はその約束をずっと守り通していらっしゃるそうです。

一日二回は必ず電話する、誕生日には花を贈る、海外旅行に一緒に行く・・・等々。


昨朝の話の最後に、「『正しさ』より『おもしろく、楽しく』」と言われていたことが、

私には突き刺さりました。

昨日頂いた資料の中に、こんなことが書いてありました。

『・・・・ブラックリストに載って就職も出来ない事態に陥りましたが、

土地家屋調査士になって寝ずに働き、業界日本一になり、たくさんの社員に恵まれ

最愛の妻陽子ちゃんにも出会えて、今は楽しく人生を過ごしております。

何が起こるか分からない人生。だから「おもろい」。

辛い時でも必ず良いことがあると信じて、頑張って生きましょう!』と。


北山先生から、愚痴、不足、人の悪口を聞いたことがありません。

常に人の良いところを見つけ、褒めていらっしゃいます。

口癖は「ありがとう」「ツイテル」で、明るい言葉を使っていらっしゃいます。

ご自分を接着剤のボンドと言われ、人の話を聞くと“あの人をこの人に紹介したらどうかな?”と、

いつも、誰かの応援をしよう!そう思って聞いていらっしゃるそうです。


その業界で「日本一になる」という立つ時の心と、それに向かっての努力。

そして明るさが、今に繋がっているのだと思いました。


今週もお読み頂き、ありがとうございました。


子どもさん、お孫さんたちも二学期間近ですね。

8月最後の、素敵な週末をお過ごし下さいますよう!



村山順子

閲覧数:5回0件のコメント