top of page

2023年2月6日 痛みを伴い、ご迷惑をお掛けしながら・・自分を知る!



おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。

時は過ぎ、今日は新たな一日!

そんな気持ちで朝を迎えています(いえ、心を整えています)。


この事を書くのは、週はじめにふさわしくないなぁ~と思いながら、書かずには前に進めない私です。

(特別長いですので、お時間のある時にお付き合い頂けたら有り難いです)


土曜日夜、尊敬申し上げる先生に、彦根市芹川での講演をご依頼頂いていました。

少人数で、zoomでも参加者がいらっしゃるとのことでした。

会場は、平日は子どもたちの「学びの場」だそうです。

そこをお借りして土曜日の夜・・との事でした。


実際の会場には数人、多くの方はzoom参加でした。

スクリーンに、よく存じ上げている方々のお顔が見えます。

嬉しいなぁ~!

ご家族でくつろぎたい時間に・・ありがとうございます!

そう思いながら、始めました。


いつも「ゆっくり、伝わるように話してね!」と、長男に言われています。

ですが、話し始めているうちに楽しくなり、早口になってしまいました。

皆様、驚かれたのでは?と後で気づきます。

また、時間の過ぎるのが早く感じられ、お話するはずだった事をお伝えしそびれてしまいました。

例えばこのことです。


昔勤務していた会社で、何度も社長に進言(創立時の志と違う方向に行っている、と)しましたが聞いて頂けず、

「待遇面等本当によくして頂きましたが、社長の仕事の仕方について行けなくなりました。

辞めさせて頂きたいです」と面と向かって申し上げ、退社しました。

円満退社できなかった事が、ずっと心にありました。

数ヶ月経って、“社長も経営者としての悩みがあったのだろう、起業できたのも全てを任せて下さった社長のおかげ様・・”と気づきました。

ですが会社を訪ねる勇気はなく、たまたまホームセンターでお見かけする事があった時「社長」とお声をかけると「村山さん」と・・。

それは拒絶の言葉に聞こえました。

亡き夫と社長は、私のことを「順さん」と呼んでいましたので。

近づいても挨拶程度しかできず・・数回同じような事がありました。

これ以上傷つきたくなくて、そのことは心に封印していた事・・


を、講演でお話しました。

そして「その続きは後ほど、お話ししますね」と。

ですが、それを話し忘れたまま、講演を終えてしまいました。

その続きとは、経営者の朝の勉強会で講師からお聴きした「職恩」のお話のことでした。

「誰のおかげで今の仕事ができるのか?」

「その方にお礼を申し上げているのか?」

「それは一度だけか?毎月しているのか?」との講師の問いかけ・・

ドキドキしながら聞いていました。

心に封印していた、元社長への感謝と申し訳なさが込み上げ、即「手紙」に書いてお届けしました。

その手紙のお陰様で、社長が弊社をお訪ねくださり、4時間も二人きりで懐かしい話をし、お詫びを申し上げることができ・・関係が繋ぎ直されました。

今は一緒に食事に行く間柄になっています。


面と向かっては言えない事も、手紙だと素直に書けます。優しく届きます。

手紙なら、書いた後、読み直し、書き直す事もできます。

(一旦言葉にすると、言い直しはできません)

そんな、肝心の「手紙の素晴らしさ」を、お伝えし忘れてしまいました。

話を聞かれた方が「あの事、どうなったかしら?」と疑問を持ったままで話を終わらせてはいけない!と常々思っていました。

これまでは守れていたはずでした。

申し訳なかったです(そのことに気づいたのは終わってからでした)。


先生のことを少し書かせて頂きますね。

終了後、先生が作詞作曲された「ジグソウパズル」の歌を聴かせて頂きました。

「ジグソウパズルは凸凹があってはじめてピッタリ合う・・

不必要なものなど一つもない、それぞれがそのままで大切な存在・・」

との意味合いの歌詞。

優しいお声で弾き語りして下さいました。

(余談ですが、先生も(一社)実践人の家の理事でいらっしゃいます。

何かの折に、ぜひ歌って頂きたいなぁ~と思ってしまいました)


また、後片付けを見せて頂き、感動しました。

会場の参加者の方々と一緒に、先生がご用意下さった複雑な機器を丁寧に外し、箱に詰めて収納。

そして会場を元通り(写メされていた元の状態を見ながら)に修復、確認。

外国旅行に持って行くような特大スーツケース、その他に大きなバッグ二つ。

丁寧に詰め、それを二階から下ろすだけで重労働かと思います。

車の後部座席を倒し機材を積むと、それだけでいっぱいになっていました。


手伝って下さる方々がいらしても、先生ご自身でご自宅から機材を運び、またご自宅へ。

いつも一つの番組(先生はラジオ番組を持たれています)を作られるのに、どれほどの準備をされていることでしょう・・

このような事を、高校の先生をされながら!

また「虹天」という温かく内容の濃い月刊誌を発行(14年余り、170号を重ねられています)!

ご家庭でのお仕事も、奥様と分担されていらっしゃるとの事。

どのように、24時間を使われていらっしゃるのかしら?と、いつも思ってしまいます。


一つの行事(物事)が無事行えるのは、目に見えない多くの方々の心遣いやご協力のお陰様!


自分の足りなさに、改めて気づかせて頂きました。

痛みを伴いながら、学び多い一日でした。


明日は、日曜日の楽しく嬉しかった事を書かせて頂きますね。


神戸は暖かい月曜日を迎えています。

みなさん、今日もお健やかで楽しい一日でありますように!



村山順子

閲覧数:5回0件のコメント

Comments


bottom of page