top of page

2023年3月31日 誰かのために・・・が、自分のためになっていた。



おはようございます。

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。


今日は春の選抜高校野球の準決勝。

皆に勝ってもらいたい・・ですが、特に地元兵庫の報徳学園に!

報徳学園は、二宮尊徳の報徳思想を教育理念に掲げています。

「徳を以て、徳に報いる」という感謝の気持ちと、「一円融合」の和の精神が基になるその教えに従い・・と。


他にもよく知られている二宮尊徳の教えの一つに「たらいの水の法則」があります。

相手のために・・と思ってしている事が、いつの間にか自分に返ってくる・・

私もそのような経験をたくさんしています。

思い出すまま、箇条書きしてみます。


・パート勤務していた前の会社で“もっと会社の役に立ちたい”と思い、10ヶ月かけて運転免許を取得。

路上運転の予約を入れても仕事で10回以上キャンセル・・「仮免保有」で追加料金を払ってようやく!

当時は気づかなかったのですが、免許証があったからこそ起業できたのですね。


・会社のため、社長に喜んで貰いたくて全力で取り組む・・その事自体が嬉しかった。楽しかった!

気がつけば良いスタッフたちに恵まれています。


・起業まもない頃、有名月刊誌「いきいき」(現在ハルメク)に掲載して頂きました。

巻末の読者の手紙欄“アンド・ユー”に「大切な人を亡くし、どうしたら良いのかわからない」という悲しい手紙が3通も載っていたので、思わず

「私も突然夫を亡くしました。今、自宅で仕事を始めているよ。辛いけど少しずつ頑張ろう」と、励ましの手紙を投稿しました。

それが担当者の目に留まり、取材を受けることに(一度は断りましたが、みなさんに勇気と希望を与えるので是非と言って頂き)。

経営理念、料金表、開業時の資金等々を5ページカラーで載せて頂き、全国からの反響の多さに驚きました。

このことで“安心・信頼”を頂き、思いがけなく仕事にも役立ちました。


「こうすればこうなるから、こうした方が良い」という風には考えもつかず、

ただやむにやまれぬ思いのまま行動している事が、結局自分のためになっていることに驚きます。

そんな心を頂いている事、親先祖に感謝しかありません。


今日は3月最終日。

年度末の会社も多いかと思います。

また、今日から多くの地方選挙戦が始まりますね。


今週もお読みくださり、ありがとうございました。

心弾む素敵な一日をお過ごし下さいますよう!



村山順子

閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page