top of page

2023年5月30日 頼りになる妹です!



おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。


昨日5月29日、近畿地方は梅雨入りを発表。

去年より2週間早く、また5月の梅雨入りは10年ぶりだそうです。

雨の似合う紫陽花が、喜んでいるように見えます。


先日の旅行中、よく声を掛けられた事があります。

私の着ている服を見て・・「素敵ですね」「よくお似合いですね」

「着物のリメイクですね。上手に作っていますね」などの嬉しいお声を。

そのたびに「一緒に来ている妹が、みんな作ってくれました」と話すと

「まぁ、良いわね。良い妹さんがいて、仲が良いのですね」等々。

女性同士の話の花が咲きます。


2歳下の妹は、母がリューマチで鹿児島で入院していた間、家の事を全部してくれていたそうです。

(下の妹たちと。中3か高校生の頃)

下宿の先生のお世話もしながらだったと聞きました。

勉強のため既に神戸に出ていた私がその事を知ったのは、大人になってからでした。

「本当は私がしなければならない事をしてくれたんやね。ごめんね。ありがとうね」と話すと、

妹は「そういう巡り合わせだから、仕方ないから、気にすることないよ!」と。

そして今、こんな事を言ってくれます。

「家のことも、工夫する事も、全てあの頃の経験が生きているからね」と、笑顔で。


気難しかった義母・・との暮らしは、より一層妹を磨いてくれたようです。

教師をしながら、子育て、高齢の義母との暮らし、夫は出張の多い仕事。

55歳で義母のお世話をするために早期退職。

丁寧な食生活、義母の庭いじりの手伝い・・精一杯お世話し、98歳で見送りました。

また、ご近所の高齢の方々のお世話もしながら、暮らしています。

その頃から、いつか習いたいと思っていた洋裁を習い、今もずっと習い続けながら服を作ってくれます。

自分の服だけでなく、私たち姉妹や叔母たち、亡き妹の友達、ご近所の方々、たくさんお野菜を持って来てくれる方へも、服や帽子、バックなどを。

我が妹ながら、よく気がつき、会う時に持って来てくれます。

お金を頂いては決して作りません。

絞りの羽織も素敵なジャケットに変わったり。

女性が多い中ではその話で盛り上がります。


一緒に歩く時も、膝の悪い私を気遣ってくれます。

時間を無駄なく、そして物事の段取りが良く、妹と一緒の時はその後をついていくと間違いないのです。

頼りになる妹・・

「大変だった事を含め、全てが自分の役に立っている・・自分を育ててくれた」と。

妹が大きく見えました。


仲の良い4人姉妹!

いつも母の世話をしてくれていた真ん中の妹は、母より先に逝ってしまいました。

1番下の妹は、純粋で優しく、看護師資格を持っているので、今も障がいを持つ子たちの学童保育で働いていて、なかなか一緒に行動できなくて。

姉妹旅は、両親に感謝する旅でもありました。

こんな良い妹を生んでくれてありがとう!と。


姉らしい事はなかなかできませんが、私にも担当がある事、できる事がある事が嬉しいです(これは内緒です)。

ご兄弟を見送られた方々、朝からごめんなさい。


朝の4時半です。急がなくては!

今から神戸ポートピアホテルでのモーニングセミナーに出かけます。


みなさん、今日も笑顔溢れる

楽しい一日でありますように!



村山順子

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page