top of page

2023年8月29日 “少にして学べば・・・”儒学者 佐藤一斎



おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。


昨日、大学の同窓会や行事にもよく参加されている先輩(80歳)が、弊社をお訪ね下さいました。

一つの勉強会で40年余り勉強してきたけれど、若手中心の活動が多くなったことで出番が殆ど無くなり、ふと立ち止まり不安になられたそうです。


「このまま歳を重ねていくことへの不安・・何を身につけてきたのか?・・」

そんな事を思っていると、私が浮かんだそうです。


実は私も、先輩と同じ勉強をしていた時期がありました。

その後、私は別の事を学び、夫亡き後、起業しました。

時々同窓会などで会う私がとてもイキイキしていたので、話を聴きたい!と、今回思い切って来て下さったそうです。

今までは、先輩のお話をお聴きする機会が多かったのですが、昨日は様子が全く違いました。

私がどんな事を学んでいるのか、どんな活動をしているのかを、次々に聞いてこられました。

そして言われた事・・

「村山さんは生き方が、若い時と同じ。全くぶれてないね!

以前もそうだったけど、一旦引き受けると全力で取り組み、お役に立ちたくて走り続けているね。

変わらないね!だからイキイキしているんやね!」と。

若い頃の私を知っている方からの「ぶれてないね」とのお言葉は、素直に嬉しかったです。


そして、私が学んでいる(一社)実践人の家(森信三先生の教えを学び実践する会) の事。

読書家の先輩は、森信三先生のこともよくご存知で、「勉強したい!」と、直ぐに入会用紙を書かれていました。

ほどなく電話があり「振り込みました!」と。さすが!即行でした。


江戸時代の儒学者 佐藤一斎先生の言葉

「少にして学べば、則ち壮にして為すことあり。

壮にして学べば、則ち老いて衰えず。

老いて学べば 則ち死して朽ちず」を思い出しました。


先輩は「80歳だからしっかり学ばなければ、良い人生を終えることはできない!」と話していらっしゃいました。

年齢を重ねたからこそ!と、学びを求める先輩の姿勢に感動しました。

私も見習って、いつまでも学び高めることにチャレンジしてまいります。


また、昨日は朝一番に、ご近所の96歳の素敵な老婦人にお出会いしました。

「お互い様、お陰様」と話され、若い方々を褒めていらっしゃいました。

嬉しい一日でした!


みなさん、今日も笑顔溢れる、楽しい一日でありますように!



村山順子

閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page