top of page

2023年9月29日 『どんな小さなことでも 体験は人の心をうつ』洋



おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。


石川洋先生(托鉢者・社会教育家)の、令和6年のカレンダーが発売されています。

洋先生は2015年に亡くなられましたが、毎年ぱるす出版が出されています。

昨日、尊敬申し上げるぱるす出版前社長(“人生を変えた10行の手紙”の編集者)が送って下さいました。


若々しい洋先生が、カレンダーの裏表紙を飾られていました。

表紙には『今を最高に』と、洋先生独特の味のある、まろやかな膨らみのある筆跡で。


2月のカレンダーに、『どんな小さなことでも 体験は人の心をうつ』と書かれていました。

洋先生のこのお言葉に出会い、嬉しく、少しホッとしました。


来週、姫路のモーニングセミナーで講話させて頂きます。

タイトルは「人生を変えた10行の手紙・・気づき即行」。

何度お話させて頂いても、伝わる言葉で的確な表現で話せたか・・話し過ぎなかったか?振り返る時、いつも心もとないです。

年齢も経験も十分に重ねていますが、いまだに荒削りで、主語を飛ばしたりする癖もあります。

ただ、未熟なりに、洋先生のおっしゃるように、経験、体験からのお話を、丁寧に心を込めて、ありのままお伝えさせて頂こうと思います。


洋先生のカレンダーを眺めながら、多くの出会いを思い出し、感謝の思いでいっぱいです。


今日は中秋の名月ですね。

みなさん、今週もお読み下さりありがとうございました。

心弾む週末をお過ごし下さいますよう!



村山順子

閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page