top of page

2024年4月24日 『一天地をひらく』森信三



おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。


昨日は、弊社マネージャーの、社長と私宛の手紙の事を書かせて頂きました。

メルマガをお読み下さった多くの方々から、マネージャーをお褒め頂く嬉しいメールを頂きました。

ありがとうございました。

マネージャー自身が、メルマガに書かせてもらった事を、とても喜んでくれました。

入社当時の自分と、マネージャーになってからの自分を比較して、「大きく成長させて頂いている事」を素直に喜び、感謝していました。


タイトルの言葉は“森信三先生の日めくりカレンダー「人生二度なし」”より、昨日23日の言葉です。

こんな言葉が添えられていました。


『「一天地をひらく」 

人間は他との比較を辞めて、ひたすら自己の職務に専念すれば、おのずからそこに一小天地が開けて来るものです。』


“全ての不幸は、他との比較に始まる”と言われています。

人はそれぞれ。

何が良いとかではなく、私も前の自分と今の自分を比べ、成長が感じられたり、受け止め方が美しくなっている事に気づいた時、少し大きくなった自分を発見し嬉しくなります。


今、新たな想いが湧き上がっています。

年初から頸椎を痛めて休んでいたライフワーク「手紙の素晴らしさを多くの方々にお伝えし書いて頂く!」事に向かって、心新たに歩み出します。


みなさん、今日も笑顔溢れる素敵な一日でありますように!



村山順子



閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page