2022年4月11日 「置かれた場所で咲きなさい」「みんなちがってみんないい」


おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。


良い天気に恵まれ、満開の桜も葉桜になりかけています。

自然は、素直ですね。

あるがまま、与えられた場所で不足も言わず、誰に誉められる訳でもなく、己が命の限り精一杯生きている!

健気だなぁ~

その姿を見て、時に胸がいっぱいになります。

渡辺和子先生著・・「置かれた場所で咲きなさい」を思います。


私たち人間社会では、人と比べたり、もっともっと!と・・・

その事が良い面に働けば、科学や医療、技術の進歩に繋がり、私たちの幸せな暮らしのためになります。

一方、私たち個人の暮らしの面においては、人と比べる事が、不足や不満に繋がり、自分や相手を苦しめる事に

なる事が多いのでは・・


全ては自分の生き方の選択次第かと、思います。

その生き方も、その人の考え方によって、また年代によって変わってくる事もあるでしょう、変わらない人もいるでしょう!

思うのは「みんなちがって みんないい」。金子みすゞさんの詩です。

その言葉は、「オールオッケー!」「あなたはあなたでいい」「誰もが生まれてきただけで100点満点」と、現状のあるがままを大肯定!してくれる応援歌のようで、心が軽くなり、晴れ晴れとします。


お二人の先人の言葉!

『「置かれた場所で咲きなさい」「みんなちがって みんないい」』・・今を喜んで生きる!「命の讃歌」に思えます。

そう思うと、周りの人たちや、樹々や花など、目に映るものたちが、愛おしく思えます。


春うらら!

今日も笑顔の一日をお過ごしくださいますよう!



村山順子

閲覧数:3回0件のコメント