• 村山順子

今年はじめての 「心を届ける手紙のセミナー」

お早うございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えの事と存じます。

昨日は24節気の24番目の大寒。1年で1番寒い時期とも言われていますが、

暦の上ではもうすぐ立春!

「 立春」と聞くだけで心弾みます。


昨日は、今年初めての自主開催の「心を届ける手紙のセミナー」でした。

2004年から始めた手紙のセミナーも満15年になります。

今年から少しスタイルを変えました。

毎月奇数月は初めて参加の方だけ、偶数月は複数回参加の方々だけと

分けることにしました。


昨日は初めて参加の方ばかりでした。

その中にもうすぐ93歳になるお元気なご婦人がいらっしゃいました。

今までの参加者約6000余名の中で最高年齢の方です。


なん年ぶりかで出会った沖永良部島の友人が、昨日、同じ英会話教室で学んでいる

93歳のその方に、英会話が終わった時に「手紙のセミナー」のお誘いをしたところ

興味があるとの事で、即ご一緒に参加下さいました。即決に驚きました。

好奇心旺盛、即行動、超元気なスーパー女性でした。

囲碁所を経営され、毎日4時間囲碁をされ、時間をかけて体操をされ、英会話、カラオケ、

もう少し若い頃はゴルフ、民謡も。今でも毎日の暮らしを詳しく日記に書き、

出会った方にはお手紙を書かれているそうです。階段も軽やかに上り下りされ、歩き方も早く、

私の足りない事を持っていられる驚くばかりの大先輩でした。

息子さんも近くにいるそうですが、一人で食事も作り元気に暮らしているそうです。

お出会いする方々から学ばせて頂くことの何と多いことでしょう!

憧れの大先輩に出会えたこと、有り難くてなりません!

私もできるところから真似をします。


話を戻しますが、

自主開催のセミナーは、定員8名という少人数で開いていますので、

緊張感も少なく皆さん自然体で参加できるようです。


ある方は、私の話を聴いているうちに、

「色々な想いをさせた田舎の親類に、思い切ってお詫びの手紙を書くことができた。

心が軽くなった!来てよかった! 一人では手紙を書くことなど思いも付かず、

毎日悶々としていたの」と笑顔で話し、軽やかな足取りで帰っていかれました。


心を込めた手紙は、相手の心に優しく届くと思います。

「手書きの手紙」を通して、優しい人と人の繋がりが、深まり広がりますよう

今年も「手紙の素晴らしさをお伝えする!」というライフワークに向かって走ります!

今年6月には47都道府県での「手紙講演&セミナー」が達成します。

参加者から手紙を書かれた後の喜びの声が数多く届きます。


私でお役に立たせて頂けることがございましたら、どうぞお声を

かけて頂けたらと思います。


週はじめ、

「元気な明るい挨拶こちらから!」を意識してスタートします!

みなさんにとって、よい週はじめの一日でありますように。



村山順子

メルマガ登録

毎週金曜日、暮らしの学校の最新情報をお届けします。

Copyright©2019 Kurashinogakkou All Rights Reserved.

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube