• 村山順子

嬉しいご依頼! 心が躍りました!

おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えの事と存じます。

今日、1月15日は“どんど焼き”の日ですね。

(地域によって呼び方も違うようですが)

お正月のしめ縄や、飾りなどの針金やプラスチックを外し、

氏神様に伺い、焚きあげます。

毎年、その灰を貰って帰り、事務所や、家の角や、玄関周りに

1年間の魔除けを願い撒いて(置いて)います。


話は変わりますが、

嬉しいことがありました。

コロナ以前は、兵庫県でも多くの市や町の、

公的機関にお呼び頂き、お話させて頂いていました。

講演だけの時も、講演と手紙を書いていただくワークショップの

時もありました。


コロナウイルスで昨年の講演予定は、一部を除いてほぼ中止。

そんな中、中止かと思っていたA市の教育委員会主催の講演会が、

7月に開催が決まりました。(出来ますように!)

この時期、定員より少ない人数になるかも知れませんが、とっても楽しみです。


I市の中央公民館から、講演依頼がありました。

初めての市です。

ご依頼頂いた事が、素直に嬉しかったです!

すぐにお返信させて頂き、6月に日時が決まりました。


私の講演では、必ず「手紙」の話をさせて頂きます。

出張中、突然倒れ逝ってしまった夫。

誕生日に貰った夫からの、10行ほどの手紙に

生きる希望と勇気を貰い起業。

仕事以外に私にできる社会へのお役立ちは「手紙」だと思いました。

誰でも、相手を想う心さえ有れば書ける手紙!

手書きの手紙の素晴らしさを、多くの方々にお伝えするのは

私の使命!

亡き夫が遺してくれた『ライフワーク』!です。


多くの方々のお力添えのお陰様で!

2019年7月日本全国47都道府県で

お呼び頂き講演させて頂きました。


「手紙の素晴らしさはわかっていても、なかなか書けない・・」と

言われる方々の、背中を押して差し上げることはできるかと思います。


昨年は、直接お会いしてお話させて頂く機会が殆ど無くなりました。

私にとって、未熟、荒削りではございますが、本気、本音でお話させて

頂きますので、その熱い想いはお伝えできるかと思います。


「あぁ~いい話だった!」で終わったら、私の話は失敗です。

お聴きくださった方が行動に移して初めて、

「伝わる話をさせて頂けた」のだと思います。


そして思いました!

やっぱり、目と目を見ながら話ができる事は、

嬉しいことです。


明後日、17日は、阪神淡路大震災発生から25年を迎えます。

今年は自宅で、亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。


今週もお読みくださり、ありがとうございます!

素敵な週末をお過ごしくださいますよう!



村山順子

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

メルマガ登録

毎週金曜日、暮らしの学校の最新情報をお届けします。

Copyright©2019 Kurashinogakkou All Rights Reserved.

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube