top of page

2023年1月23日 ~神戸木鶏クラブ 令和五年新春講義始め~



おはようございます!

今朝も笑顔満開、共に元気で朝を迎えられる事、ありがたいですね。


週末、いかがお過ごしでしたでしょうか?

私は21日、神戸の湊川神社(通称楠公さん 智・仁・勇の楠木正成公がご祭神)で、

人間学を學ぶ「致知」の読者の会「神戸木鶏クラブ新春講義始め」に参加させて頂きました。


講義の前に毎年、正式参拝をさせて頂いております。

その後、神社の学芸員の方が、普段は閉められている正成公終焉の場所をご案内下さり、

正成公を慕って灯篭を寄進された明治の元勲たちの話、また境内の水戸光圀公のお墓、

お参りに来られた有名な方々のエピソードを詳しくご紹介下さいました。

歴史に詳しい参加者も多く、活発に質問。

学芸員の方は、笑顔で即答されていました。

そのお姿に、使命感を持って喜んで研究し続け、案内されている事が伝わりました。


今回の講題は『後鳥羽天皇・順德天皇に學ぶ―朝廷の復興と「鎌倉殿」との対峙』。

講師は、京都産業大学准教授の久禮(くれ)旦雄先生。

天皇陛下の毎日のおつとめや、大嘗祭などの儀式が

しっかり今も続いていることについてお話し下さいました。

後鳥羽天皇は、最愛の息子の順徳天皇にしっかり口伝され、

順徳天皇はさらに宮中の行事・故実・制度などを周りの方々から聴き、

調べ解説した故実書「禁秘抄」を著されたそうです。

以後はこの書に則って宮中の行事が行われてきた・・事を、

NHK大河ドラマのお話も交えながら、ご講義下さいました。

40代初めの久禮先生。

アップテンポで、実に楽しそうにお話し下さいました。

どんな質問にも答えられ、持論からは深く研究されておられる事が伝わりました。


久禮先生、神社の学芸員の方、お二人に共通するのは、とても楽しそうにお話し下さる事です。

お好きな研究に打ち込み、それを発信、伝えられる喜びを、全身で表していらっしゃいました。

そのお姿に、私自身、大きな学びを頂きました。

「手紙の素晴らしさをお伝えする」というライフワークに対する取り組み方についてです。

手紙の事をもっと文献などで学び研究し、どんな事を聞かれても即答できるようになりたいと思います。


みなさん、今週は気温の低い日が続くようです。

どうぞお気をつけて、素敵な1週間をお過ごし下さいますよう!



村山順子



閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page