top of page

2022年2月3日 『抜萃のつづり』今年も届きました!


おはようございます!

今朝も笑顔満開、お元気で朝をお迎えでしょうか。

今日は節分!明日は立春ですね。

唱歌「早春賦・・春は名のみの風の寒さや・・」を思い出します!

「早春賦」の唄をご存知の方は、それなりの年齢でいらっしゃいますね(笑)


話は変わりますが、毎年1月末に、素敵なプレゼントが届きます。

それは広島県の金庫の会社、株式会社クマヒラ(創業124年)さんから届く『抜萃のつづり』です。

毎年1回、クマヒラさんの創業記念日に発行されているものです。

一年間の新聞、雑誌、書籍から、心に響く珠玉のエッセー、コラムを抜粋し、転載の許可を得た文章を小冊子にまとめ、全国8万9千ヶ所の団体、個人に寄贈されているそうです。


戦中、戦後の混乱期の3年間を除き、無料で送ってくれています。

あまりの感動!

広島に講演に行った時、どうしてもお礼を申し上げたくて、訪問のお約束をしてクマヒラさんに伺いました。

『抜萃のつづり』のご担当者から直接お話をお聞きすることができました。

広くて清潔な、ホテルのロビーを思わせるオープンな社内。

働く方々も素敵なクマヒラさんでした。


今年の『抜萃のつづり その81』は、萌黄色の春を思わせる表紙!

すぐに読ませて頂きました。

感動し、涙を流しながら一気に!

コロナで閉塞感ただよう今、いつもと変わらず届いた『抜萃のつづり』に、クマヒラさんの温かさ、優しさがより一層身に染みました。

創始者の想いを受け継ぎ、80年余り続けておられることに感動します。


バッグに入る持ち歩きやすい小冊子ですが、内容の濃さ、込められた想いは抱えきれないほどの、想いの詰まった『抜萃のつづり』です。


今日はどんな出会いがあるでしょう!

みなさん、素敵な一日をお過ごし下さいますよう!



村山順子

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Opmerkingen


bottom of page